荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ジョン・ペニー監督 「フラッシュバック・キラー」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「フラッシュバック・キラー」を観る。

20151018-2020

投機に失敗した中年会計士のグラントは一攫千金を狙ってラスベガスを訪れ、コールガールのマリッサと出会うが、それが彼の悪夢の始まりだった。

グラントがマリッサとモーテルの一室にいるところに突然、ナイフを持ったマリッサの元恋人・ジョーイが乱入、グラントはもみあった末に彼を殴り殺してしまう。

二人は事件を隠蔽するため、死体を車のトランクに乗せて夜道を荒野へ向かうが、死体を埋める穴を掘った後でトランクを開けると、あるはずの死体が消えていた。

ジョーイは生きていたのだ。

彼は闇に隠れて二人に復讐しようと襲ってくる。

グラントはジョーイを探し出しとどめを刺そうとするが、彼はグラントに衝撃的な告白をする。

実はマリッサは恐ろしい化物で、殺さなければならないというのだ。

ジョーイの話は果たして事実なのか。


録画した映画が失敗ばかりのように思える今日この頃。

B級の臭いプンプンする本作も期待して録画したのですが

20150509-006

またもや大失敗!

名前を聞いた事がある(気がする)俳優が出ているのに日本未公開ってのは、やっぱりそれなりの理由があるのですね。

アクションシーンもお色気シーンも「これから?」と期待させて、一向に始まらない展開。

バイオレンスを予想させ、実はホラーだった!と伏線を張り、実はただの妄想で、観ている側が途方に暮れた後、謎がそのまま終わってしまうサスペンス映画。

聞けば初週興行収入は「20ドル」だったとか。

まぁ、逆の意味では

めったにお目にかかれない洋画

なのかもしれません。

■「フラッシュバック・キラー:ZYZZYX RD」 2006年/アメリカ 【87分】
監督:ジョン・ペニー 脚本:ジョン・ペニー 撮影:デヴィッド・クライン 音楽:ライアン・ビヴァリッジ 出演:キャサリン・ハイグル/トム・サイズモア/レオ・グリロ/リッキー・メドロック
★★★・・・・・・・ 

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3501-fbd3bf5e