荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★海外映画 >   アメリカ映画

Comment (0)  Trackback (0)

マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督 「容疑者」

録画した映画「容疑者」を観る。

20151018-2014

ニューヨーク市警殺人課の敏腕刑事ビンセントは、故郷のロング・ビーチで起こった殺人事件を追っていた。

捜査を進めていくうちに、なんと容疑者は、離婚した妻との間にできた実の息子ジョーイであると知らされる。

ビンセントは担当を外され、間もなく事件を追っていた同僚が殺された。

またしてもジョーイに容疑がかかる。

その矢先、ビンセントの父親が過去に幼児誘拐殺人犯として処刑されていることがマスコミによって明るみとなり、今度はビンセントまでもが窮地に立たされる。

そんな中、彼のもとにジョーイから無実を訴える電話がかかってきた。

ピュリッツァー賞を受賞した報道ジャーナリスト、マイク・マッカラリーの取材記事が原案のサスペンス・ドラマ。

殺人事件の容疑者が過去に生き別れた息子だと知り、戸惑いながらも彼を追う刑事の苦悩を描く。



ピュリッツァー賞を受賞した報道ジャーナリスト、マイク・マッカラリーの取材記事が原案のサスペンス・ドラマだそうです。

と言う事は、実話に近いお話しなのでしょう。

そのせいでしょうか、ストーリーはいたって地味です。

20150510-227

派手なアクションはもとより、トリックやどんでん返しはありませんし、サスペンス要素も薄いです。

中心となるのは主人公の刑事と生き別れた息子の苦悩と葛藤の物語。

これで息子が冤罪で主人公が真実を暴くのなら通常の刑事ドラマの展開なのですが、そうでは無い所が本作のリアルと言うか・・・イマイチのめり込めない所。

重苦しい場面や突っ込んだ心理描写が少ないのもリアルと言えばリアルだろうか。

(唯一の)見せ場であるラストの説得シーンはさすがに感じ入る所はありましたが、それもデニーロの演技の賜物でしょうか。

説得力のある作品だとは思いますが、邦題の「容疑者」から期待する内様じゃないのが辛口の批評になる原因でしょうね。

20150510-226

◆「容疑者:CITY BY THE SEA」 2002年/アメリカ 【108分】
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ 原案:マイケル・マッカラリー 脚本:ケン・ヒクソン 撮影:カール・ウォルター・リンデンロープ 音楽:ジョン・マーフィ 出演:ロバート・デ・ニーロ/フランシス・マクドーマンド/ジェームズ・フランコ/エリザ・ドゥシュク/ジョージ・ズンザ/パティ・ルポーン/ウィリアム・フォーサイス
★★★★★・・・・・

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト
テーマ : 洋画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017