荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

今野敏著 「転迷:隠蔽捜査4」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

今野敏著「転迷:隠蔽捜査4」(新潮文庫/2014年刊)を読む。

20151025-045

大森署署長・竜崎伸也の身辺は、にわかに慌しくなった。

外務省職員の他殺体が隣接署管内で見つかり、担当区域では悪質なひき逃げ事件が発生したのだ。

さらには海外で娘の恋人の安否が気遣われる航空事故が起き、覚醒剤捜査をめぐって、厚労省の麻薬取締官が怒鳴り込んでくる。

次々と襲いかかる難題と試練――闘う警察官僚竜崎は持ち前の頭脳と決断力を武器に、敢然と立ち向かう。

既にTVドラマで観たのですが、古本屋で安かったので購入。

シリーズ第4弾?第5弾?(3.5の扱い次第)

基本的にはドラマ通り・・・と言うかドラマが原作に忠実な作りで、ストーリーの半分は忘れていましたが読んで行く内に段々と思い出しました。

ドラマを先に観ている分、新鮮さにはちょっと欠けましたが

やっぱり安定した面白さ。

このシリーズには下手な説明はいりません、興味のある方は読んで損はありません。

ですが・・・そろそろ大いなるワンパターンにハマってきたかな。

今回は良かったけれど次回からは考えモノ。

主人公の魅力が一番の本作、ストーリーに新たな展開が欲しい所です。

でも

まぁ、安積班も言ってみれば大いなるワンパターンなので、それはそれでファンは楽しめるのですが。

20150521-005

※あれ!次のお話もドラマ化していたっけ?

★★★★★★・・・・  
→今野敏読了作品一覧
 
ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3511-6915ba54