荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★小説 >   国内小説

Comment (0)  Trackback (0)

桜庭一樹著 「伏-贋作・里見八犬伝」

桜庭一樹著 「伏-贋作・里見八犬伝」(文春文庫/2012年刊)を読む。

20151025-031

伏―人であって人でなく、犬の血が流れる異形の者―による凶悪事件が頻発し、幕府はその首に懸賞金をかけた。

ちっちゃな女の子の猟師・浜路は兄に誘われ、江戸へ伏狩りにやってきた。

伏をめぐる、世にも不思議な因果の輪。

光と影、背中あわせにあるものたちを色鮮やかに描く傑作エンターテインメント。




20150612-002

本当の「里見八犬伝」って・・・よく考えると読んだ事がありません。

子どもの頃、NHKで観た人形劇はほとんど憶えていませんし、それ以外は薬師丸ひろ子の映画や山田風太郎の小説、タッキー主演のTVドラマぐらいでしょうか。

したがって本作が贋作として、どこら辺をもじっているのか、まるっきり変えているかは分りませんが・・・つたない知識で考えるに・・・たぶんほとんどなのでしょう。

たしかに南総里見家の勃興と伏姫・八房の因縁を説く発端部辺りは何となく下地にしている様に思えますが、それ以外は登場人物の名前を借りたぐらいで、全て違う物語に思えます・・・玉も出てきませんし。

したがって、最初からまるで別の物語として読めば感想も変わったのでしょうが、なまじタイトルに「贋作・里見八犬伝」とあるために、いつまでたっても集まらない八犬士にイライラし、プロローグ的な終わりに拍子抜けしました。

幼いが腕の立つ狼男ハンターの女の子。

狩られる側の狼男たちの過去と宿命。

女の子の成長と狼男との闘いと交流。

う~ん、どう考えても日本っぽく無く、バーチャ世界のファンタジー。

まぁ、それはそれで良しとしても

残念ながら私はあまり楽しめない作品でした。

著者の作品を読もうとして購入しましたが、選択を誤った様です。

ほとぼりが冷めたらアニメの方を観たいと思います。

最初から頭を切り替えて観たらもしかしたら面白いかもしれない

そうは思っていますので。

★★★★・・・・・・ 
ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017