荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★テレビ番組

Comment (0)  Trackback (0)

ドラマW 「震える牛」

レンタルDVDでドラマ「震える牛」VOL.1~3を観る。

20150806-006 20150802-002 20150806-005

警視庁捜査一課・継続捜査班の田川信一は、未解決の「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」に疑問を抱き、捜査を始める。

事件は5年前に発生。覆面姿の犯人が店員から金を奪い、店の奥で獣医師と暴力団関係者を殺害した。

初動捜査での犯人像は金目当ての外国人。

被害者同士の面識はなく、それぞれひとりで待ち合わせ相手を待っているところだった。

地道な聞き込みを重ねた田川は、食肉加工会社・ミートボックスにたどり着く。

さらに事件の直後、殺害された獣医師の部屋に空き巣が入り、2台のパソコンのみが盗まれていたことが発覚する。

犯人の真の目的は金ではなく2人を殺害することだったのでは?

捜査を進めていく中、田川はニュースサイトの記者・鶴田真純と再会する。

鶴田も、読者から得た情報をもとに“裏に顔が利く"という悪評のあるミートボックスの食品偽装疑惑を探っているところだった。


原作は昨年読みました。

BSE問題、食品偽装問題を扱ったドキュメンタリータッチの社会派サスペンスで、私には結構、衝撃的な内容でした。

本作は多少の変更はあれど、原作をほぼ忠実に実写化し、流石はドラマWだけに、キャストも内容も吟味され、質の高いドラマに仕上がっています。

furueruusi009

しかし、その為でしょうかね・・・とても面白かったのに、あまり感想がないのは。

原作を読んでいるせいもあるのでしょう。

「あぁ、そうだ、こんな場面だった」

とか

「そうそう、ココでアレが・・・」

とか、ワクワクしながら物語を反芻していたはずなのですが、終わってみれば印象に薄い。

出来が悪かったら悪かったで印象に残るのでしょうが、出来が良い分同じ作品を2回鑑賞した・・・そんな、風に感じるのでしょうか。

毎日、刺激的なニュースの飛び交う中、BSE問題も食品偽装も今では沈静化した感があります。

小説とは違いタイムリーではないドラマですが、現在でも行われているかもしれない食品業界の裏を考えるには良い作品です。

小説を読んでいない方にはお勧めです。

・・・ただし、鑑賞後は(私のように)市販のハンバーグが食えなくなるかもしれませんが・・・

20150802-005

※内容に関係ないのですが、オッサン的には「殿下」と「ゴリさん」が同じ画面に映っているのが、何となく嬉しかったです。

◆「震える牛 VOL.1~3」 2013年/日本・TV
監督:鈴木浩介/権野元 原作:相場英雄 脚本:篠崎絵里子 撮影:石坂拓郎 音楽:羽岡佳 エンディング曲:サラ・ブライトマン 出演:三上博史/吹石一恵/平山浩行/木村文乃/温水洋一/小野寺昭/竜雷太/白石美帆/佐野史郎/古田新太/小林薫

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : ラジオドラマ  ジャンル : テレビ・ラジオ

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017