荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★海外映画 >   アジア映画

Comment (0)  Trackback (0)

キム・ギドク監督 「嘆きのピエタ」

レンタルDVDで映画「嘆きのピエタ」を読む。

20150913-002

生まれてすぐに親に捨てられ天涯孤独に生きてきたイ・ガンドは、法外な利息を払えない債務者に重傷を負わせ、その保険金で借金を返済させる取り立て屋をしている。

そんなガンドの目の前に、母親を名乗るミソンという女が現れた。

ミソンの話を信じられず、彼女を邪険に扱うガンド。

しかし彼女は電話で子守歌を歌い、捨てたことをしきりに謝り、ガンドに対し無償の愛を注ぎ続ける。

だがガンドが心を開こうとした矢先、姿を消したミソンから助けを求める電話がかかってきた。

2012年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作


★★★★★★★・・・(7/10) 


20150913-011

実際に存在するソウル近くの町工場で撮影したと言う古びた工業地帯の風景は日本にも通ずる所があり、そこに住む貧しい人々の生活風景をリアルに映し出しています。

出だしよりショッキングな場面がありますが、それが今の韓国社会の現実なのでしょう。

ですが本作で監督が作りだした世界はそんなリアルな日常では無く、十字架から降ろされたイエス・キリストを抱く聖母マリア像であり、慈悲深き母の愛の象徴でもある“ピエタ”をモチーフに、心を失った男とその母を名乗る女の姿を描いた

残酷な寓話

です。

なので

本作を観るときの一番の注意事項は

あれこれと裏を考えてはいけません。

映るがまま素直に受け入れてください。

監督の意図にまんまとハマってください。

そうすれば

無駄のない構成や主演二人の迫真の演技が心に響く傑作となり、主人公の最後の選択が胸に刺さるラストシーンになるはずです。

20150914-008

ちなみに私は途中であれこれ考え醒めてしまった人間です。

◆「嘆きのピエタ」 2012年/韓国 【104分】
監督:キム・ギドク 脚本:キム・ギドク 撮影:チョ・ヨンジク 音楽:パク・イニョン 出演:チョ・ミンス/イ・ジョンジン/ウ・ギホン/カン・ウンジン/クォン・セイン/チョ・ジェリョン
第69回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門金獅子賞受賞作

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017