荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★日本映画 >   2001~2010年作品

Comment (0)  Trackback (0)

ジョー・マ監督 「さそり」

レンタルDVDで映画「さそり」を観る。

20150913-006

梶芽衣子主演で70年代にヒットした“女囚さそり”シリーズを、「ハード・リベンジ、ミリー」の水野美紀主演、「雨音にきみを想う」のジョー・マ監督でリメイクした異色アクション。

謎の暗殺集団に襲われ、婚約者の父親殺しの罪を着せられて刑務所に収監された松島ナミ。

看守の嫌がらせや他の女囚たちとの対立で過酷な刑務所暮らしを余儀なくされるが、自分を陥れた者たちへの恨みの情だけを拠り所に生き抜いていく。

しかし、女囚たちの抗争に巻き込まれたナミは、ついに瀕死の状態となり、そのまま森に捨てられてしまう。



100分が長く感じられる映画でした。

何でしょうね。

観終わってみるとストーリーは穴だらけな上、全然面白くないです。

ただ所々で

「おっ!?」と思わせる演出とか、スタイリッシュ(?)な映像とかあったり

オッさんのスケベ心をくすぐる場面があったりなんかして

最後までダラダラと観続けてしまいました。

主演が水野美紀なので、アクションシーンに期待しましたが、“普通よりちょっと良い”程度の出来で残念です。

20150913-007

基本、復讐劇は主人公に共感して、悪党をブチ殺すのがカタルシスなので、自分の命と恋人の命を守るために、恋人の父親と妹を殺害した主人公に同情はできませんでしたし、恋人に憎まれるのも当たり前のような気がします。

設定が日本なのか香港なのか分からない上、登場人物は日本名なのに日本語をしゃべらない。

香港の監督や俳優を多く起用しているせいか、逆に日本人が広東語(?)を使っていて、とても不思議に思っていましたが途中で【日本語吹替】があるのに気が付き切り替えたら、今まで無かった主人公の語り=心理描写が出てきて驚きました。

思い切り後半でしたし面倒くさいのでそのまま鑑賞しましたが、もしかして本作は【日本語吹替】で観るのを前提とした作品なのかもしれません。

最初から【日本語吹替】で観ていたら・・・もっと違った感想になったかもしれませんが、まぁ、ハズレなのは変わりはありません。

唯一良かったのはエンディングでかかる中村中の「怨み節」のみです。

◆「さそり」 2008年/日本 【100分】
監督:ジョー・マ アクション監督:ウォン・ワイファイ 原作:篠原とおる 脚本:ジョー・マ/ファイア・リー 音楽:吉川清之 主題歌:中村中 出演:水野美紀/ディラン・クォ/サム・リー/ブルース・リャン/エム・ウォン/石橋凌/夏目ナナ/ラム・シュー/サイモン・ヤム
★★★★・・・・・・   

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017