荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

入江悠監督 「ジョーカー・ゲーム」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「ジョーカー・ゲーム」を観る。

20151011-0010

上官の命令に背き、軍法会議で死刑を宣告されたその青年は、命を落とす直前に結城と名乗る謎の男に助けられる。

結城の目的は、彼が設立したスパイ養成学校“D機関”に青年をスカウトすることだった。

青年は過酷な訓練を経て、やがて“嘉藤”という名を与えられると、ついに初めてのミッションを命じられる。

それは、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使グラハムが隠し持つ、世界を揺るがす機密文書“ブラックノート”を奪い取れというものだったが…。


★★★★★★・・・・(6/10)

20151011-003

本作は第二次大戦前夜に“魔王”の異名を持つ元スパイが設立した秘密組織“D機関”の暗躍を描き吉川英治文学新人賞+日本推理作家協会賞をW受賞した柳広司の同名小説を映画化したスパイ・アクションです。

原作は派手なアクションや難しい人間関係を省き、頭脳的なコンゲームのみで進む連作短編だったのですが、本作は派手なアクションもウリの一つ。

亀梨くんも深キョンも頑張っていました。

20151011-004

ただ、そのためでしょうか、スパイの暗く非情な部分はあまり感じさせず、駆け引きの緊張感がイマイチ。

どちらかと言うと「オーシャンズ」や「トーマスクラウン」ばりのワクワクするスタイリッシュで痛快な娯楽作品に仕上がっていました。

嫌いでは無いし、予想通りの作品なのですが・・・・

個人的には1つの任務だけではなく、いくつかのエピソードを組み合わせて、D機関と言う組織をもっとクローズアップして欲しかったです。

そうすると伊勢谷友介や小澤征悦の出番が増え、物語に厚みが出たと思うのですが。

20151018-2012

原作にイメージぴったりの伊勢谷=結城の片手と片足のお話も映像で観てみたい所。

続編・・・考えているのでしょうかね?

だとしたら、今度は峰不二子(深田恭子)は無しのお話しでお願いします。

◆「ジョーカー・ゲーム」 2014年/日本 【107分】
監督:入江悠 原作:柳広司 脚本:渡辺雄介 撮影:柳島克己 音楽:岩崎太整 主題歌:KAT-TUN 出演:亀梨和也/伊勢谷友介/深田恭子/小澤征悦/小出恵介/山本浩司/渋沢清彦/田口浩正/千葉哲也/光石研/嶋田久作

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3685-f8b4b354