荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

降旗康男監督 「夜叉」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「夜叉」を観る。

20151123-001

大阪ミナミで「人斬り夜叉」の異名を取った修治が暮らすのは、若狭湾に面した小さな港町。

15年前のしがらみを忘れさせるほど、妻や子らと静かな生活を送っていた。

ある冬、ミナミから螢子という女がやってきて、居酒屋を始める。

美しい螢子を目当てに男達は店に集うが、螢子にはヒモ同然の矢島という男がいた。

矢島は漁師たちに覚醒剤を唆し始める。

薬を処分した螢子に逆上した矢島を止めようとして、背に傷を負う修治。

隠し続けてきた、かつての修羅の痕跡でもある夜叉の彫り物が露わとなり、修治の過去が知れ渡ってしまう。


★★★★★★★★・・(8/10) 

20151123-0011

「自分は今は漁師ですから・・・」と言っといて結局はヤクザに戻ってしまう。

それならば納得できるストーリーなのですが、やる事やって結局はちゃっかり漁師に戻ってしまう。

「自分には家族がありますから・・・」と言っておきながら、他人の女房抱くのに避妊もしない。

言っている事とやっている事がバラバラで、だから元ヤクザと言ってしまえばそれまでですが、あんまり共感できない主人公。

ですが、高倉健と言う俳優を通して語られると何故かただのナルシズムでは無く、心からカッコイイと思い納得してしまうのが不思議な所。

高倉健でなければ成立しない映画だと思います。

おまけに他の出演者、いしだあゆみも、田中裕子も、ビートたけしも、田中邦衛も、乙羽信子も、あき竹城も、小林稔侍も、

みんな最高に良い。

降旗康男監督の作品って、あまり好きでは無いのですが、高倉健主演の作品だけは別なのです。

20151123-005

◆「夜叉」  1985年/日本 【128分】
監督:降旗康男 脚本:中村努 撮影:木村大作 温学区:佐藤充彦/トゥーツ・シールマンス 主題歌:ナンシー・ウィルソン 出演:高倉健/いしだあゆみ/田中裕子/ビートたけし/田中邦衛/乙羽信子/あき竹城/奈良岡朋子/小林稔侍/大滝秀治

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3736-64872da6