荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

小野寺丈著 「サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR I first」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

石ノ森章太郎+小野寺丈 「サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR I first」 (角川文庫/2012年刊)を読む。

009kannketusyou001

天才・石ノ森章太郎の傑作SFコミックとして、今なお熱狂的なファンを擁している『サイボーグ009』シリーズ。

その中で未完のままで終わった「天使編」と「神々との闘い編」が、42年の歳月を経て、今よみがえる! 

戦士として闘うべくサイボーグに改造された9人。本書ではそのうち、001から004までの4人のサイボーグ達のエピソードが語られる。

故・石ノ森章太郎の遺稿と創作ノートをもとに小説化したシリーズ第1弾!

20151201-004

俳優であり演出家の小野寺丈が、父である故・石ノ森章太郎の構想ノートに書き残されたプロットと石ノ森先生が部分的に書き上げていた原稿を基に完成さた小説です。

古本屋で見つけ喜んで購入したのですが・・・

どうやら本作を漫画化(萬画化と言った方が良いかな)したのが小学館より発刊された少年サンデーコミックススペシャル「サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR」だそうです。

萬画作品を最初に小説として発表し、その後再構成して萬画として雑誌に掲載すると言う段階を踏んだ刊行の仕方に意味があるかは疑問ですが、当初からの石ノ森先生の考えだったらしいので、何か考えがあっての事だったのでしょう。

本作を読んだのですが、以前読んだ少年サンデーコミックススペシャルの第1~2巻と同じ内容なので、これ以上は萬画の方で読み続けたいと思います。

20151201-005 20151201-006

・・・・絵に文句を言いながら。

★★★★★★・・・・   
ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3739-6baffcd9