荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★アニメ作品(TV・映画・OVA)

Comment (0)  Trackback (0)

米林宏昌監督 「思い出のマーニー」

録画した映画「思い出のマーニー」を観る。

20151206-007

北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈。

辛い生い立ちから心を閉ざし、誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた。

そんな中、持病の喘息が悪化し、転地療養のために海辺の村でひと夏を過ごすことに。

そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする。

地元の人が湿っ地(しめっち)屋敷と呼ぶその建物に、なぜか懐かしさを覚え惹かれていく杏奈。

その屋敷は杏奈の夢の中にも現われるようになり、必ずそこには金髪の少女の姿があった。

ところがある晩、湿っ地屋敷へとやって来た杏奈の前に、夢で見た金髪の少女が現われる。

少女はマーニーと名乗り、“わたしはちのことは2人だけの秘密よ”と語る。

そんなマーニーにだけは心を開き、いつしかかけがえのない友情を育んでいく杏奈だったが…。


★★★★★・・・・・(5/10) 


20151206-005

普通に面白かったです。

原作が外国の児童文学小説なので、物語が子供向きなのも承知の上でしたし、宮崎or高畑監督ではないので過度な期待もしていなかったのが良かったのかな。

もののけも出てこない、空も飛ばないジブリ作品に私が何を期待するかと言えば、それはファンタジーの部分のアニメ的表現と絵の美しさです。

空想や幻想を絵としてどう見せるかとCGでは描けない動きと手書きの絵の温かさなど。

本作はそこの全てが地味でギリギリ及第点って所でしょうか。

物語として思春期の主人公の葛藤がオジさんにはイマイチ伝わり辛かったのも原因かと思いますが、アニメファンとして見なければならない場面が無かったのが残念です。

20151206-008

道産子としては北海道が舞台なので、田舎の人々の描写や情景などをちょっとは期待しましたが、それを感じられる場面は無く、逆に「これどこの国?」って違和感もありました。

これがジブリ作品でなければもっと評価が高かったかもしれません。

このジブリの看板を今後どのように変えていくかが次世代スタッフの使命だったのでしょうが、宮崎監督の作った枠から突出する事は出来ていない以上は制作部門の解体も仕方がなかったのかな・・・と思います。

呪縛から解かれた監督の次回作に期待します。

◆「思い出のマーニー」 2014年/日本 【103分】
監督:米林宏昌 脚本:丹羽圭子/安藤雅司/米林宏昌 原作:ジョーンG・ロビンソン 音楽:村松崇継 作画監督:安藤雅司 主題歌:プリシラ・アーン 声の出演:高月彩良/有村架住/松嶋奈々子/寺島進/根岸季衣/森山良子/吉行和子/黒木瞳/杉咲花/TEAM NACS(森崎博之/安田顕/戸次重幸/大泉洋/音尾琢真)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト
テーマ : アニメ  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017