荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★日本映画 >   2011年以後の作品

Comment (0)  Trackback (0)

藤田容介監督 「福福荘の福ちゃん」

レンタルDVDで映画「福福荘の福ちゃん」を観る。

20160109-013 20170313-001

福ちゃんこと福田辰男は、ボロアパート“福福荘”に住む塗装職人。

真面目でバカがつくほど人のいい福ちゃんはみんなの人気者。

しかし、女性恐怖症で恋愛とは無縁の人生を送っていた。

親友のシマッチが用意してくれたお見合いも福ちゃんにはありがた迷惑でしかなかった。

そんなある日、福ちゃんの初恋の人であり、彼の女性恐怖症の原因にもなった杉浦千穂が福福荘に現われる。

中学時代の事件のことを謝りたいという彼女の突然の訪問に困惑する福ちゃん。

それでも、カメラマン修行中という千穂に頼まれ写真のモデルになってあげた福ちゃんは、いつしか彼女への恋心を再燃させていくが…。


★★★★★★・・・・(6/10)  


なんとなく面白そうな臭いがしてレンタルしたのですが・・・・

期待ほどじゃなかった

ってのが正直な感想でしょうか。

いえいえ、決して面白くない訳ではありません。

20160110-011

大島美幸をイメージして作られた主人公のオッサンは30独身のブサイク男の悲哀を演じながらも、生臭さ感じさせない朴訥な存在感を醸し出していました。

自然体(悪く言えば下手なのですが)の主人公の演技をカバーするのが脇を固める荒川良々。

こちらも負けずとも劣らぬ存在感があり、物語の半分以上がダブルの坊主頭で占めていました。

そんな中の紅一点、ヒロインの水川あさみがめちゃくちゃキレイに撮れていましたね。

物語としてはもっとブ・・・いや、それほど美人ではない女優さんを使った方が良かったのでは?と思うほどキレイでした・・・何度も言うようですが。

20160114-002

ただ、一番の難点は

観ている人が、主人公をオッサンに見えるか?って事でしょうね。

人情コメディとしては日常と非日常のどっちつかずで、ガツンとした盛り上がりにも欠ける中、主人公も男性に見えないのであれば、それはもうリアルの欠片もないファンタジーの世界になってしまいます。

大島美幸がオッサンを演じている

それだけで、おのずとコチラの期待度が上がってしまい、必要以上にハードルを上げていたのでしょう。

「全然大丈夫」を観て、監督の笑いのツボは自分と合っていると思いながらも、素直に笑えない場面が本作ではチラホラあり、何が原因かなと考えた所、やっぱりこの中途半端な世界観にあるのかな・・・・なんて漠然と思いました。

ストーリー自体は良いお話しなので他人には勧められますが、自分がもう一度観てみたいか?と言われれば、面倒くさいが先に来る作品でしょうか。

20160110-010

◆「福福荘の福ちゃん」  2014年/日本 【111分】
監督:藤田容介 脚本:藤田容介 撮影:池内義浩 音楽:エコモマイ 出演:大島美幸/水川あさみ/荒川良々/芹澤興人/飯田あさと/平岩紙/黒川芽以/山田真歩/徳永ゆうき/山本剛史/田口主将/真行寺君枝/古舘寛治/北見敏之

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017