荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★アニメ作品(TV・映画・OVA)

Comment (0)  Trackback (0)

川越淳監督 「サイボーグ009 VS デビルマン」 VOL.1

レンタルDVDで映画「サイボーグ009 VS デビルマン VOL.1」を観る。

20161208-001 20161208-002

ミュートス・サイボーグとの戦いを終えたジョー。

ささやかな休息もつかの間、イワンが“悪魔"の出現を警告した。

調査を始めるゼロゼロナンバーたち。

一方、飛鳥了と共にデーモンハンターとしてデーモン族と闘うデビルマン《不動明》も敵の新たな動きを感じていた。

互いに事件を追い、遂に遭遇するサイボーグ009とデビルマン。

誰も想像できなかった改造人間(サイボーグ)と悪魔人間(デビルマン)の本気バトル。

対決のゴングは打ち鳴らされた!


★★★★★★・・・・(6/10) 


「ラーメンが好きで、カレーライスが好きで、だからと言って一緒に食う事はあっても、混ぜたら不味いでしょ!」

って事で観る前から否定的な私ですが、子どもの頃よりの石ノ森&永井ファンにとっては観ない訳にはいかない本作。

また、私の好きな「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」や「(平成)サイボーグ009」の川越氏が監督なので、覚悟はしていてもちょっと期待する部分もあったのです。

そんな不安定な覚悟で鑑賞しました。

20160213-001

出だしの009の名台詞「あとは勇気だけだ」とデビルマンの「悲しみのデスマスク」が交差するエピソードは往年のファンには身もだえするほど嬉しいのですが・・・まぁ、ここはほぼ原作通りなので文句のつけ所はありません。

そしてひと段落して本篇である新たな展開が繰り広げられる訳ですが・・・想像していたほど違和感はありませんでした。

「009」のストーリーに“悪魔”が出て来る流れなので、すでの“天使”や“神”や“宇宙人”が出て来る「009」の懐の広さが“デーモン”までも受け入れてくれています。

また「デビルマン」側もサイボーグ戦士の事を機械(兵器)と合体したデーモンと理解(誤解)する事で、強引ではありますが設定の整合性が取れている気がします。

もちろん根本的な世界観の違いや、外見的なキャラの違和感は拭えませんが、それでも大きく外す所は無かったと思います。

そして009とデビルマンの邂逅と戦闘。

まずは想像通り&定石通りの相討ちか・・・・

と思ったら

もう、終わりかい!

20160213-002

聞けば本作は94分の作品だとか。

それを30分に分けて全3巻?

やられました。

無理やりにでも盛り上げたこの気持ちをブチ壊す、この手のネームバリューで売る作品にはありがちなボッタクり商法。

一気に観たけりゃボックスを買えって話です。

取り合えず結末が知りたいので全巻借りるでしょうが、こう言う所も含め、本作品自体にとても商業的な臭いがするのは、ファンにとってはとても悲しく感じる所です。

なんか・・・ちょっと萎えました。

◆「サイボーグ009 VS デビルマン VOL.1」 2015年/日本・アニメ 【27分】
監督:川越淳 原作:石ノ森章太郎・永井豪 脚本:早川正 キャラクターデザイン:伊東岳史 音楽:栗山善親/寺田志保/横関敦 声の出演:浅沼晋太郎/福山潤/日野聡/早見沙織/牛山茂/立木文彦/寿美菜子/岡崎未恵

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : アニメ  ジャンル : アニメ・コミック

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017