荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★テレビ番組

Comment (0)  Trackback (0)

鈴木浩介監督 「地の塩」

レンタルDVDで「地の塩」Vol.1~ 2を観る。

20160313-002

神村賢作は、歴史を覆す大発見をした勤勉な考古学者。

彼が発見した塩名遺跡は、定説では日本に人類が存在しないとされる時代のものだった。

遺跡が発掘された塩名町は、過疎化が進んでいたものの、一気に観光地として活性化する。

神村のこの功績は、教科書編集者・佐久間里奈の尽力により、調査段階にもかかわらず歴史教科書にも掲載が決まる。

里奈は、熱っぽく古代のロマンを語り、真摯に考古学と向き合う神村の人柄に惹かれる。

文部科学省史料保存庁の次長・沢渡善三は、後輩にあたる神村の活躍を嫉妬しつつも見守っていた。

そんな中、神村が新たに着手した発掘現場から13年前に行方不明となっていた女学生の人骨が見つかり、当時事件を追っていた刑事・行永太一は捜査を再開する。

一方、教科書の印刷も刷り上がる頃、神村の学説に異論を唱える学者が里奈の元を訪れ、彼の発掘は捏造だとの話が持ち込まれる。


★★★★★★・・・・(6/10)


WOWWOW制作のドラマで、以前、第1話だけ無料放送された時に観たのですが・・・以来忘れていました。

と言う事は、出だしはそれほど面白くなかったのかな?とは思いますが、大泉洋が主役なのと、Vol.1~ 2で全4話と言う長さ(短さ)に惹かれレンタル・・・長いとすぐに飽きるのです、私は。

本作は2000年にスクープされた考古学者の旧石器捏造事件を題材とし、架空の未解決殺人事件とそれぞれに絡む複雑な人間模様を描いたヒューマンミステリーです。

なかなか観せる作品でした。

普段は笑わせてくれる大泉洋が、人が侵してはいけない禁忌と、学者としての矜持がせめぎ合う主人公の心情を上手く演じています。

また、松雪泰子(この人はいつもの通りかな)や陣内孝則(相変わらずの演技)や脇を固める共演者たちも好演です。

20160313-003

ストーリーも面白いのですが完成度から言うと

たぶん・・・・

主題である捏造事件だけでは弱いと感じた作家が、主人公の発掘と言う作業から殺人事件の遺体発掘を思いつき、両者をつなげたと思うのですが、ココがちょっと難しい所で・・・ストーリー的に、両方が上手くかみ合っている部分とまるで別のお話が同時進行していると感じる部分との差が激しくて。

特に板尾創路演じる殺人犯の背景がいまいち見えないのにどんどん暴走していく過程にはちょっと戸惑いました。

聞けば完全オリジナルの脚本であるとか。

それを考えると多少に違和感はありながらも、良くできた物語だと評価したいです。

なによりもあの事件を題材としたのは斬新な所で、同年に起きたSTAP細胞の一連の出来事とも(見方によっては)類似する部分を感じる事ができるのも目新しかったです。

最後のハッピーエンドっぽい終わりは気に食わないのですが

地味ながらも観て損はない作品だと思います。

◆「地の塩」Vol.1~ 2 2014年/日本・TV
監督:鈴木浩介 脚本:井上由美子 撮影:柳田裕男 音楽:村松崇継 出演:大泉洋/松雪泰子/田辺誠一/田中圭/袴田吉彦/岩崎ひろみ/津嘉山正種/板尾創路/陣内孝則

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : テレビドラマ  ジャンル : テレビ・ラジオ

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017