荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★海外映画 >   アメリカ映画

Comment (0)  Trackback (0)

ザック・スナイダー監督 「マン・オブ・スティール」

録画した映画「マン・オブ・スティール」を観る。

20160404-002

クリプトン星で生まれたその赤ん坊は、滅亡を悟った父に最後の希望を託され、地球へと送られた。

地球にたどり着いた彼は、ジョナサンとマーサの夫婦に拾われ、クラーク・ケントとして育てられる。

次第に超人的な能力に目覚めていく少年時代、養父からはその能力を使うことを固く禁じられていた。

周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら青年へと成長したクラークは、やがて自分探しの旅に出て、自らの使命を確信する。

そんなある日、クリプトン星の生き残り、ゾッド将軍がクラークの存在に気づき、彼を追って地球へと襲来する。


★★★★★★・・・・(6/10) 


1978年公開のリチャード・ドナー監督クリストファー・リーヴ主演の「スーパーマン」はモロに世代でした。

20160404-009

今でもあれ以上に完璧なスーパーマンの物語は無いと私は思っています。

なので2006年に公開されたブライアン・シンガー監督の「スーパーマン リターンズ」はいくら最新CG技術で迫力のあるアクションシーンを描いても、単に過去の作品をリメイクした目新しさの無い薄い物語に思えました。

20160404-007

で、今回の「マン・オブ・スティール」。

「何でまた?」とハリウッドのネタ切れに呆れましたが、クリストファー・ノーランが絡んでいたので機会があれば観ようとは思っていました。

確かに最初から今までの「スーパーマン」とはまるで違うアプローチでした。

正統派のヒーローであるスーパーマンもノーラン風にアレンジすれば、ダークでアウトローなエイリアンになってしまうのですね。

いつもの派手で能天気なコスチュームもかなり暗い配色になっています。

20160404-001

また、今回は物語が急ぎ足だったためかスーパーマンの日々の善行はまるで無く、いきなり異星人より地球を救う大役・・・一方では異星人同士の内輪もめとも取れますが・・・・を担って、彼が誰だか知らないまま地球人は彼らの戦いを見守ります。

ほぼ街の破壊に近い戦闘シーンはさすが現代のCG、スピードも迫力も半端なく凄い。

ここら辺を3Dで観られないのが残念です。

20160404-008

最後の滅茶苦茶された街中でキスシーンには「それでいいのかい!?」とツッコミたくなりますが、眼鏡をかけたクラーク・ケントが登場するエピローグでは「スーパーマン」の新しい夜明けが見えてちょっと感動したのも事実です。

う~ん、

全体的にアクションは迫力満載でストーリーは物足りない作品でしたが

どうやら本作は今度公開される「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の為に作られた前哨戦的映画。

本番はこれからって言う所でしょうか。

また機会があればそちらも観てみたいと思いますが

やっぱり私の中での「スーパーマン」はクリストファー・リーヴです。

◆「マン・オブ・スティール:MAN OF STEEL」 2013年/アメリカ 【143分】
監督:ザック・スナイダー 原案:デヴィッド・S・ゴイヤー/クリストファー・ノーラン 脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー 撮影:アミール・モクリ 音楽:ハンス・ジマー キャラクター創造:ジェリー・シーゲル/ジョー・シャスター 出演:ヘンリー・カヴェル/エイミー・アダムス/マイケル・シャノン/ケヴィン・コスナー/ダイアン・レイン/ローレンス・フィッシュバーン/アンチュ・トラウェ/アイェレット・ゾラー/クリストファー・メローニ/ラッセル・クロウ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト
テーマ : 洋画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017