荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

Category: ★日本映画 >   2011年以後の作品

Comment (0)  Trackback (0)

是枝裕和監督 「海街diary」

録画した映画「海街diary」を観る。

20170312-001 20170312-002

鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。

父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。

ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。

父の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。

葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。

父が亡くなった今、中学生のすずにとってこの山形で身寄りと呼べるのは血のつながりのない義母だけ。

気丈に振る舞うすずだったが、肩身の狭い思いをしているのははた目にも明らか。

すずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。

こうして鎌倉へとやって来たすずだったが、最初は自分の母が幸たちの父を奪ったことへの負い目を拭えずにいた。

それでも、異母姉たちと毎日の食卓を囲み、日常を重ねていく中で、少しずつ凝り固まった心が解きほぐされていく。

また、入部した地元のサッカーチームでも仲間に恵まれ、中学生らしい元気さも取り戻していくすずだったが…。


★★★★★★★・・・(7/10) 


20160523-003

4姉妹が美しい。

街並みが美しい。

それだけでも画面に惹きつけられる映画です。

物語としては

主人公一家の血縁関係がややこしいだけで

リアルで平凡な日常です。

確かに

出会いと別れ、特に不倫や死別という特殊な事情を孕んだ展開はありますが、

それもまた監督お得意のドキュメンタリーっぽい演出で、自然な生活の一部として描かれています。

観る人によっては退屈で苦痛な作品かもしれません。

ですが、映画には観る側か勝手に想像する自由があります。

個人的にはもっとドラマ性を色濃く出して欲しかった所もありますが

本作の終わりには

4姉妹の父親として「みんな幸せになってくれ!」と号泣する私がいました。

20160523-001

◆「海街diary」 2015年/日本 【128分】
監督:是枝裕和 原作:吉田秋生 脚本:是枝裕和 撮影:瀧本幹也 音楽:菅野よう子 出演:綾瀬はるか/長澤まさみ/夏帆/広瀬すず/大竹しのぶ/堤真一/風吹ジュン/樹木希林/加瀬亮/リリ^・フランキー

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Comments






プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017