荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

オロヴァー・パーカー監督 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」を観る。

20160527-003 20170414-002

一度は諜報機関MI7のエースとして活躍したものの、大きなヘマをしでかして以来、チベットの僧院に引きこもり修行に励む日々のジョニー・イングリッシュ。

そんな彼に、ついにMI7からお呼びがかかる。

すっかり様変わりしたMI7に舞い戻ったイングリッシュは、新たな上司ペガサスから、中国首相の暗殺計画を阻止せよとのミッションを告げられる。

さっそく新人スパイのタッカーを助手に、情報収集のため香港へと向かうイングリッシュだったが…。


★★★★★★・・・・(6/10) 

20160527-001

正直・・・ミスター・ビーンもローワン・アトキンスも面白いと思った事はありません。

それでも前作「ジョニー・イングリッシュ」や「ラットレース」などは頑張って観たのですが、キレイさっぱり記憶にありません。

TV放送していたから録画したのですが、特に期待などしていませんでした。



それが良かったのか、今回は面白く観る事が出来ました。

何でしょうか・・・本作が「007」のパロディなのは周知ですが、それが上手く私の“ツボ”だったのでしょうか。

確かに大笑いできる部分は無かったのですが、ニヤニヤしながら最後まで鑑賞できましたし、時間的に長くも感じませんでした。

繰返しますが、大笑いはしなかったのですが、「007」のパロディとして「おぉ、そう来るか!」と思わせてくれる場面が多かった・・・かな。

ラストもみごとにキメてくれましたし。

初めてローワン・アトキンスを面白いと思えた作品でした。

20160527-002

※「あぁ、スカリーの女優さんか!」・・・思い出すのに随分時間がかかりました・・・

◆「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬:JOHNNY ENGLISH REBORN」 2011年/イギリス 【110分】
監督:オロヴァー・パーカー 原案:ウィリアム・デイヴィス 脚本:ハーミッシュ・マッコール 撮影:ダニー・コーエン 音楽:イラン・エシュケリ 出演:ローワン・アトキンス/ジリアン・アンダーソン/ドミニク・ウェスト/ロザムンド・パイク/ダニエル・カルーヤ/伊川東吾

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3956-2aea76a6