荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ジョン・マクティアナン監督 「ダイハード」 吹替版

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

BSで放送していた映画「ダイハード」を観る。

20160712-002 20160922-019

クリスマス・イブの夜、LAのハイテクビルを最新兵器で武装した謎のテロリスト集団が襲った!

彼らの要求を拒んだ重役達は即座に射殺。

なすすべも無く怯える人質たち。

ビルの中にいた非番警官ジョン・マクレーンは外部との連絡が一切遮断された中、ただ一人命をかけた闘いを挑んだ!


★★★★★★★★・・(8/10) 

言わずと知れたアクション映画の金字塔。

正直、何回観たのか覚えておりませんので、今さら感想などは無いので吹き替えで思った事など少々。

20160712-001

昔TV放送で観た時には野沢那智氏の吹き替えは大げさで煩く・・・なんか物語のリアルな部分をアニメっぽくしてしまう様に感じて好きではありませんでした。

ですが、今観ると、もう聞けない野沢氏の声が感慨深く味わえる様になっています。

ちょうどBSの裏番組で「コマンドー 日本語吹替完全版」が放送されていたので、私のような吹替大好きの洋画ファンが多いのに驚かされたのと、本作もそんなファンには楽しみな放送だったに違いありません。

私にとって野沢氏と言えばアラン・ドロンとアル・パチーノでなど、甘く渋い二枚目のイメージが強いのですが、スターウォーズの「C3-PO」やアニメの「コブラ」あたりからガチャガチャとした声が増えて行った気がします。

私の世代的にはそちら側にはなるのですが、子供の頃、TVで観た洋画ののイメージが強いので、もう一度、野沢氏の色男の声を聴いてみたいと常々思っているのですが、古い映画はほとんど吹き替え版がTV放送される機会がほとんど無いのが寂しい限りです。

山田康雄氏のベルモントとともに野沢氏のドロンがTV放送されるのを切に願う限りです。

◆「ダイハード:DIE HARD」 1988年/アメリカ 【131分】
監督:ジョン・マクティアナン 原作:ロデリック・ソー;プ 脚本:ジェブ・スチュアート/スティーヴン・E・デ・スーザ 撮影:ヤン・デ・ボン 音楽:マイケル・ケイメン 出演:ブルース・ウィリス/アラン・リックマン/ボニー・ベデリア/アレクサンダー・ゴドノフ/レジナルド・ヴェルジョンソン/ポール・グリーソン/ウィリアム・アザートン/ハート・ボックナー/ジェームズ繁田

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/3981-a8bede45