荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

スティーヴン・ノリントン監督 「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」を観る。

20161008-006 20161008-007

1899年、ロンドン。

英国銀行が世界征服を企む鉄仮面のリーダー“ファントム”率いる謎の軍団に襲撃された。

一味は金品には手をつけず、古い海上都市の設計図面だけを盗んでいった。

危機感を感じた英国政府は世界大戦の勃発を防ぐため、冒険家アラン・クォーターメインに対抗チームの招集を依頼。

かくして、クォーターメインのもとにトム・ソーヤー、透明人間ロドニー・スキナー、ジキル&ハイド、ネモ船長、不死身の男ドリアン・グレイ、ヴァンパイアのミナ・ハーカーという強者たちが集い、7人の超人同盟“ザ・リーグ”が結成される。

★★★★★★・・・・(6/10) 

20161008-008

19世紀の小説から誕生した個性豊かな7人の勇者たちが、世界滅亡を救うために結束し、悪の組織に立ち向かう姿をファンタジックかつ迫力満点に描くSFアクション・アドベンチャーです。

架空にしろ実在にしろ、ヒーローたちがジャンルの垣根を越えて一堂に会するお話は好きな人には胸躍る物語。

古くは「マジンガーZ対デビルマン」や「魔界転生」、「スーパーロボット大戦」や、最近では「ドリフターズ」や「アベンチャーズ」、はたまた「ワンスアポンアタイム」などが近いでしょうか・・・本当にジャンルがバラバラですが(笑)。

そんな訳で私も本作は作品の出来ではなく無条件に好きなはずなのですが・・・これがチト私には納得がいかない。

そもそもショーン・コネリー扮するアラン・クォーターメインなんて、私にとっては「インディ・ジョーンズ」を真似した昔のB級映画の主人公で小物だし、ハーカー女史は何故か吸血鬼になっているし、透明人間は本編(ウエルズの方ね)には全然関係ない人物だし、「海底二万里」も「ドリアン・グレイの肖像」も読んでないし、Mがいるのにホームズが出てこないし・・・・まぁ、早い話がメンバーの半分を知らないって事も含めて、いまいち燃えないのです。

それでもノーチラス号のデザインとか、今見るとちょっとガサいCGとかは好きですし、頭カラッポにして観られる映画としては良いと思うのですが、・・・。

20161008-010

ブック・オフの500円DVDコーナーに必ずと言っていいほど置いてある本作。

毎回、買おうか買うまいか迷っている私がいます。

20161008-009

◆「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い:THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY GENTLEMEN」 2003年/アメリカ・ドイツ 【110分】
監督:スティーヴン・ノリントン 原作:アラン・ムーア/ケヴィン・オニール 脚本:ジェームズ・デイル・ロビンソン 撮影:ダン・ローストセン 音楽:トレヴァー・ジョーンズ 出演: ショーン・コネリー, スチュアート・タウンゼント, ナサーラディン・シャー, ペータ・ウィルソン, トニー・カラン

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4024-e6444ac8