荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

鈴木雅之監督 「HERO」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「HERO」を観る。

20161213-004 20161213-003

ある日、ネウストリア大使館の裏通りで、パーティコンパニオンの女性が車にはねられ死亡した。

さっそく事務次官の麻木千佳とともに運転手の取り調べを開始した久利生公平検事の前に、かつての久利生の事務次官で、今は大阪地検灘支部の検事として活躍する雨宮舞子が現われる。

今回の被害女性は、雨宮の調べていた広域暴力団絡みの事件の重要な証人だったのだ。

今回の交通事故には裏があると感じた久利生と雨宮は、合同捜査をすることに。

すると、昔と変わらない久利生のマイペースぶりを目の当たりにして呆れる雨宮。

そんな中、ネウストリア大使館の関係者に話を聞こうとした2人だったが、“治外法権”の前にあっさりと門前払いをくらうハメに。

さらに、外交問題への発展を心配する外務省からも釘を刺され、捜査が暗礁に乗り上げてしまう久利生だったが…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

キムタクが型破りな検事を演じる人気TVドラマの劇場版第2弾です。

このシリーズのファン及びキムタクファンには面白かった作品でしょうが、1本の映画作品としてはどうでしょう?

推理&サスペンス要素は薄く、架空の国の設定がリアル感を希薄にしていますが、本作の楽しみ方はソコではないのでしょう。

個性的なキャラクターたちの活躍と苦難を乗り越えてのチームワーク。

不可能への挑戦と正義と言う名の大逆転。

そしてシリーズを通して引っ張り続けた主人公のラブロマンスの結末。

20161213-001

盛り込むものがあり過ぎて細かい部分は気にしちゃいられません。

物語に厚みを持たせるために起用した佐藤浩市も結構雑な使い方。

出来上がったキャラと出来上がった物語・・・・勧善懲悪でワンパターンとは言えますが、ファンが望むのはソレなのでしょう。

まぁ、元来の娯楽映画の基本なので面白くない訳ではないのですが、やっぱり映画と言う事なのでもっとスケール感を望むのは欲張りでしょうか?

映画のようなTVSPでTVSPのような映画で・・・・テレビ放送で観たから良かったものの、映画館だったら行かないし行こうと思わない作品です。

観終わった後も何も残らない後味スッキリで、唯一印象に残っているのは美味そうなソーセージだけでした。

20161213-002

◆「HERO」 2015年/日本 【119分】
監督:鈴木雅之 脚本:福田靖 脚本協力:仁志光佑 撮影:鳶井孝洋 音楽:服部隆之 出演:木村拓哉/北川景子/杉本哲太/濱田岳/正名僕蔵/吉田羊/松重豊/田中要次/勝矢/八嶋智人/小日向文世/門野卓造/宇梶剛士/新井浩文/大倉貴大/松たか子/佐藤浩市

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4066-dcef3c5a