荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

土曜ドラマ 「スクラップ・アンド・ビルド」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画したドラマ「スクラップ・アンド・ビルド」を観る。

20161226-002

「もう死んだほうがよか」が口癖の要介護の祖父と暮らす無職の青年・健斗を主人公に、祖父を手厚く介護して弱らせることで安らかな尊厳死を迎えさせてやろうと決意した健斗が、祖父を相手に奇妙な介護の「攻防戦」を繰り広げる。

★★★★★・・・・・(5/10) 

原作は未読なので録画しましたが・・・・

20161226-001

何となく、文学賞受賞作って実写には向かない気がしますね。

登場人物の心理描写や主人公への感情移入。

それを小説とは同じく行えない分、観ている側はどこか置いてけぼりをくっている様な気分になります。

映像として、そこを補うためにいろいろと試行錯誤はしなくてはいけないのですが、やり過ぎると別物になってしまう恐れがあります。

特に芥川賞は新人であり純文学であり、文章(文字)に頼る部分が多くあると思われるので、そこを酌みながら視覚的に訴えるのは制作者側も本当に難しいと思います。

本作が面白くなかった訳ではありません。

しかし

小説の方がもっと面白いのだろうな・・・・

と思ってしまうのは私だけでしょうか。

◆土曜ドラマ 「スクラップ・アンド・ビルド」 2016年/日本・TVM
演出:川野秀昭 原作:羽田圭介 脚本:香坂隆史 音楽:サンガツ 出演:柄本佑/山下リオ/浅香航大/秋元才加/浅茅陽子/山谷初男

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4075-7521bed7