荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

シン・ジェヨン監督 「悪魔は闇に蠢く」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「悪魔は闇に蠢く」を観る。

20170305-006 20170305-007

ソウル市内シンソルドン付近で10人余りが消息を絶つという、連続失踪事件が発生。

その付近に住むヨンソは、耳の不自由な妹スジョンに外出しないように注意する。

しかしある夜、帰りの遅いヨンソを迎えにスジョンは1人で家の外へと出てしまう。

街灯の心細い光を頼りに姉を探し歩くが、裏道で女を引きずる怪しい男を目撃する。

すぐさま逃げ出したスジョンだったが、その男に捕われてしまい気を失ってしまう…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

韓国映画の猟奇サスペンスはこれまで観た映画の中で(出来不出来はありましたが)あまり失敗が無かったので、本作も期待して鑑賞したのですが・・・これは失敗かな。

全体的にすべてに薄っぺらく中途半端な物語です。

主人公姉妹の過去、犯人の動機も伏線の様な場面を張っておきながら最後まで回収されることが無く、最後まで「?」な部分が何か所か。

また、追いつ追われつの緊張感やそこから来る恐怖、おまけに残虐な場面のショッキング度なども、どこにも突出できず平均点だった気がします。

「怖がらせる」ことを第一に作っている作品なのでしょうが、静と動のメリハリも薄いのに、そこに無理やり駄目刑事の笑える部分を持ってきているのも物語のテンポを崩している気がします。

決して面白くない訳では何のですが、結末が知りたくてダラ~ッと観ていた感じかな。

20170311-001

【ネタバレ】

最後に彼女を死なせたのは意外な展開でしたが、今後は彼があの子とあの子を引き取るのかな?

ラストの“まだ生きているかも”の演出はあまりにも定番過ぎて拍子抜けしましたが。

良く考えると、この手の韓国映画で面白かったのはやっぱり「殺人の追憶」「チェイサー」「カエル少年失踪殺人事件」「あいつの声」など実際の事件をモデルとした作品です。

脚色はされているでしょうが、やはり実話が持つリアルと重厚さには叶わないって事なのでしょうか。

20170311-002

※フィクションの本作にしろ、ノンフィクションの他の映画にしろ・・・韓国警察の頼りなさは同じなんですけど

◆「悪魔は闇に蠢く:MANHOLE」 2014年/韓国 【101分】
製作:キム・サングン 監督:シン・ジェヨン 脚本;シン・ジェヨン 出演:チョン・ギョンホ/チョン・ユミ/キム・セロン/イ・ヨンス/チェ・ドクムン/チョ・ダルファン

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4123-35d5e42a