荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

TVアニメ 「91Days」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画したTVアニメ「91Days」全12話を観る。

20170406-001

禁酒法時代。

マフィアの繁栄と法の腐敗が蔓延る中、ローレスの街では密造酒の闇取引が活発化していた。

かつてこの地でマフィアに両親と弟を殺された青年アヴィリオは、以降7年間行方をくらましていたが、一通の手紙をきっかけにローレスへと舞い戻る。

忌敵であるヴァネッティ・ファミリーへの復讐を決意したアヴィリオは、再会を果たした幼馴染みのコルテオを巻き込みながら、ボス・ヴァネッティの息子ネロに接触するのだが…。


★★★★★・・・・・(5/10)

「デュラララ!!×2」の朱夏が制作を手がけるオリジナルTVアニメーション。禁酒法時代の荒んだ街を舞台に、かつてマフィアに家族を惨殺された青年が繰り広げる91日間の復讐劇を描いたスリリングなマフィア・ドラマとなっている。監督は「鬼灯の冷徹」の鏑木ひろ。「ジョーカー・ゲーム」の岸本卓がシリーズ構成を手がけ、キャラクターデザインを「となりの怪物くん」の岸友洋が務める。

私の洋画ベスト10の中に必ず入るのは「ゴッドファーザー」なものですから、その雰囲気漂うマフィアモノとして期待して鑑賞。

ただそれだけに落胆も大きかったかな。

この様なアメリカの禁酒法時代のお話を日本で映像で作ろうとすれば、それはアニメにするしか方法はないのですが、今の時代の洗礼された絵柄ではいくら描きこんでも、あの雰囲気を醸し出すのは難しいですね。

20170406-003

もっと泥臭い絵にした方が良かったのでは?と出だしより感じていました。

ストーリーより何よりも、画面の空気感やキャラクターの絵柄が最後までのめり込めなかった原因です。

製作者の意気込みは買いたいのですが、日本であえてこのような物語をアニメとして作った意味を感じられなければ、洋画や海外ドラマの贋作にしかなりえない気がします。

煙草の煙、酒の苦さ、血の臭い、そんな汚らしい部分はアニメ、特にテレビアニメでは無理なのでしょうかね。

20170406-002

◆「91Days」 2016年/日本・TVアニメ 【全12話】
原作:Vanetti Family 監督:鏑木ひろ シリーズ構成 :岸本卓 脚本:岸本卓 キャラクターデザイン:岸友洋 音楽:海田庄吾
声の出演: 近藤隆/江口拓也/小野大輔/斉藤壮馬/津田健次郎/西山宏太朗/中村悠一/櫻井孝宏/山路和弘/鈴木達央

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4138-bfae0f95