荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

アンドレイ・コンチャロフスキー監督 「暴走機関車」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「暴走機関車」を観る。

bousouki001.jpg bousoure005.jpg

アラスカのストーンヘヴン刑務所に服役中の男マニー。

彼はある日、同じく囚人の若者バックの協力を得て脱獄に成功する。

そのままバックも同行し、やがて彼らは発車前の機関車に乗り込んだ。

しかし、発車直後、機関士が心臓発作を起こし外へ転落、機関車はそのまま走り続けスピードを上げていく。

この事態に乗務員や管制は騒然。

そして、この列車が行き止まりへ誘導され強制的に脱線させられることを知ったマニーは、その強行を食い止めるべく進入困難な運転席へ向かう。

一方、ヘリコプターで彼らを追跡していた刑務所のランケン所長が、ついに自ら列車に飛び乗ってくるのだが…。


★★★★★★★・・・(7/10)

bousoure007.jpg
 
聞いた事のあるタイトルだったので録画しました。

本編は観たことはありませんが、原案の黒澤明監督と言う事で覚えていたのだと思います。

タイトルからB級映画を想像しましたが、節減を暴走する機関車の迫力のある映像は、1985年と言う年代を考えると「一大スペクタクルアクション映画」だったのですね。

余計な説明は排除しアクションに徹した作品ですが、要所々に見られる登場人物たちの行動やちょっとした会話でそれぞれの人間関係が垣間見えるのは、なかなかの演出。

黒澤監督が撮っていたら、また違った映画になっていたと思いますが、このロシアの監督の肌寒く硬質なつくりと主役のジョン・ボイドの熱い演技は見どころだと思います。

期待しなかった分、とても面白く、最後までダレる事なく鑑賞しました。

後で知ったのですが

主演、助演男優はアカデミー賞にノミネートされていて、出演者の多くは私が昔観た映画に出演されていた俳優さんばかり。

どこかで観た顔だと思ってましたが、大変失礼いたしました。

bousoure006.jpg

◆「暴走機関車:Runaway Train」 1985年/アメリカ 【111分】
監督:アンドレイ・コンチャロフスキー 脚本:ジョルジェ・ミリチェヴィク/ポール・ジンデル/エドワード・バンカー 原案:黒澤明/菊島隆三/小國英雄 音楽:トレヴァー・ジョーンズ 撮影:アラン・ヒューム 出演者:ジョン・ヴォイト/エリック・ロバーツ/レベッカ・デモーネイ/カイル・T・ヘフナー/ジョン・P・ライアン/T・K・カーター/ケネス・マクミラン/ステイシー・ピックレン/ウォルター・ワイアット/エドワード・バンカー/ダニー・トレホ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4172-dbf3172c