荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

深川栄洋監督 「真木栗ノ穴」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「真木栗ノ穴」を観る。

makikuri002.jpg makikuri001.jpg

古都・鎌倉。

ひっそりとした切通しの先に建つ古びた一軒のアパート。

そこに住むひとりの男・真木栗勉はしがない小説家。

そんな彼のもとに官能小説の依頼が舞い込む。

しかし、官能小説など書いたこともない真木栗は、案の定筆が進まない。

そんな時、部屋の壁に偶然見つけた2つの小さな穴が彼の助けになる。

一方の穴は空き部屋に通じ、もう一方は佐々木という男が住む部屋に通じていた。

そしてほどなく、空き部屋に白い日傘が印象的な清楚な美女が引っ越してきた。

やがて真木栗は穴から覗き見たままを官能小説に書き上げていくが…。


★★★★★・・・・・(5/10)

古いアパートに暮らす売れない作家が、壁の穴を通して隣の部屋を覗き見たことから、夢ともうつつともつかない妖しい世界に取り込まれていく姿を、昭和モダンテイスト溢れるノスタルジックなタッチでユーモラスかつ官能的に綴る幻想奇譚です。

基本的には嫌いではないです。

創る側の意気込みとか、ともすれば自慰的な内容とか、B級っぽい作りは好きです。

ただ、

先が読めてしまうのと、主役の女優さんが好みでは無いのがマイナスでした。

その都度ショッキングな場面で観客を引っ張るホラー作品とは違い、この手の幻想的かつちょっと文学っぽいホラー作品は最後まで観客を観せるのは難しい事を感じます。

そして、それが最後のオチにかかっている作品はなおさら難しい。

本作を楽しめたのは、今活躍している俳優たちが出演しているから・・・・申し訳ないのですが、ソコでした。

カミさんの喜んだ若く美しい西島秀俊。

makikuri003.jpg

そんな役もやってたんだキムラ緑子。

makikuri005.jpg

美しくないけどカッコ良く見える(私はね)北村有起哉。

最近(カミさんが)気になる田中哲司。

makikuri006.jpg

すみません、映画「異人たちとの夏(1988)」が大好きなもんで、どうしても比べてしまうんですよ。

◆「真木栗ノ穴」 2008年/日本 【110分】
監督:深川栄洋 原作:山本亜紀子 脚本:小沼雄一/深川栄洋 撮影:高間賢治 主題歌:椿 「めぐり逢えたのは夢じゃない」 出演:西島秀俊/粟田麗/木下あゆ美/北村有起哉/キムラ緑子/田中哲司//小林且弥/尾上寛之/松金よね子

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4183-afc43d79