荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

池宮彰一郎著 「本能寺(上)」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

池宮彰一郎著「本能寺(上)」(角川文庫/2004年月初版)を読む。

honnnoujijyou01.jpg 

既得権の打破に身を賭した不世出の革命児。

戦国の風雲児信長。

その天才的な戦略・政策は家臣の誰もが窺い知ることの出来ない古今未曾有のものだった。

光秀、秀吉、勝家を擁し、旧弊を打破する大いなる戦いに船出する信長の躍動感溢れる生涯。

時代を超越した天才 旧体制の破壊神信長 光秀、秀吉らと修羅の戦場を駆け抜ける。


★★★★★・・・・・(5/10)

私のように

時代小説にエンタメの ”燃え” やドラマとしての ”外連味” などの演出を求める人間には向かない小説かな。

例えるなら

有名俳優を主役とし、通説を覆す新解釈の、民放大型歴史ドラマ「本能寺」 と

著者が歴史資料から考察し、NHKが制作した歴史検証ドラマ「本能寺」

私が望んだのは前者で、本作は後者。

ドラマ的要素も会話も少なく、事実と淡々と語っていながらも、著者の推測や仮説が折り込まれ、ノンフィクションとフィクションのどっちつかずで、私にはチト退屈。

著者が物語を俯瞰で見ているため、読む側ものめり込むなく上巻読了。

著者の作品は今まで「四十七人の刺客」「四十七人目の浪士」「その日の吉良上野介」など読んでいますが、今まではそんな感じはしなかったのに・・・

別に文章が特別に読みづらいって訳ではないので、そんなに時間はかかりませんが、「これから下巻を読むぞ!」って勢いには欠けます。

感想は下巻読了後に。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4324-3a0f22b1