荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

小泉徳宏監督 「ちはやふる -上の句-/-下の句-」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「ちはやふる -上の句-」と「-下の句-」を続けて観る。

■「ちはやふる -上の句-」 
tihayakaminoku02 (1) tihayakaminoku02 (2)

小学校時代、転校生の綿谷新から“競技かるた”を教わり、その魅力の虜になった綾瀬千早。

幼なじみの真島太一を巻き込み、3人は競技かるたを通して強い絆で結ばれていく。

しかし小学校卒業とともにバラバラとなってしまい、家の事情で故郷の福井に戻った新とは遠く離ればなれに。

かるたを続けていれば新と再会できると信じる千早は、高校に入るとすぐに“競技かるた部”の創設に乗り出し、高校で再会した太一を再び巻き込み、2人で部員集めに奔走する。

やがて古典大好き少女・大江奏、経験者の“肉まんくん”こと西田優征、秀才の“机くん”こと駒野勉の勧誘に成功し、ついに千早悲願の競技かるた部が産声を上げるのだったが…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

■「ちはやふる -下の句-」 
354164_02_01_02.jpg 354164_06_01_02_02.jpg

創部一年目にして強豪北央学園に勝利し、東京都大会優勝を成し遂げ、全国大会への切符を手にした瑞沢高校競技かるた部。

千早はさっそく新に優勝の報告をするが、“もうかるたはやらん”という新のまさかの告白に動揺を隠せない。

それでも、太一やかるた部の仲間たちとともに全国大会に向けて練習に励む千早。

そんな時、自分と同い年でありながらクイーンに君臨する孤高の絶対王者・若宮詩暢の存在を知り、頭から離れなくなっていく。

そして新の心を取り戻すためにもクイーンに勝ちたいとの思いが募り、いつしか周囲が見えなくなっていく千早だったが…。


★★★★★★・・・・(6/10) 

以前に

原作漫画を27巻まで読んでいて、ちょうどその感想をブログに書いていた時に映画化の話を聞いて・・・なんだかんだと書いてしまいました(笑)。→コチラ

で、

まぁ、こんなもんではないでしょうか?

別に馬鹿にしている訳でも、貶している訳でもありません。

逆にスッキリと纏まっていて原作を読んでいない人でも分かり易い物語になっていたのではないでしょうか?

主演の広瀬すずはオジさんは大好きですし、心配だった野村周平も真剣佑もハマっていました。

子どもの頃のエピソードを思いきりハブいたのも正解です。

chihayafuru04_fixw_730_hq.jpg

なので本作は

漫画のファンであっても無くても、誰だも楽しめるスポコン青春少女漫画になっております。

・・・・つまりは

別に “かるた” でなくとも成り立つ映画で、ソコの部分を別の競技に変えたも、それはそれで観れる作品かな。

意地の悪い言い方になってしまいましたが結局はスポコンって

楽しんで、苦しんで、挫折して、初心に帰る

って絶対的パターンがあるので、かるたの魅力が語られない中で長い物語を無理やり短くまとめると、基本は同じにしかならないのですね。

27711031_0_rl.jpg

そして、いかにも、完結していない漫画を無理やり終わらせる、邦画っぽいエンディング。

そんな中でも本作は漫画の映像化としてはまずまずの成功例でしょうね・・・だからこそ続編が出来るのでしょうが。

漫画やアニメはその人気で現実社会の競技かるた浸透にも影響を及ぼしたと思いますが、映画を観て「かるたしたい!」と思った観客はいるのでしょうか?

◆「ちはやふる -上の句-」 2016年/日本 【111分】
監督:小泉徳宏 原作:末次由紀 脚本:小泉徳宏 撮影:柳田裕男 音楽:横山克 主題歌:Perfume 出演:広瀬すず/野村周平/真剣佑/上白石萌音/矢本悠馬/森永悠希/清水尋也/津嘉山正種/松田美由紀/國村隼

◆「ちはやふる -下の句-」 2016年/日本 【102分】
監督:小泉徳宏 原作:末次由紀 脚本:小泉徳宏 撮影:柳田裕男 音楽:横山克 主題歌: Perfume 出演:広瀬すず/野村周平/真剣佑/上白石萌音/矢本悠馬/森永悠希/清水尋也/松岡茉優/松田美由紀/國村隼

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4388-6caad4d6