荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

安藤桃子監督 「0.5ミリ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「0.5ミリ」を観る。

349848_02_02_02.jpg 349848_02_03_02.jpg

天涯孤独な介護ヘルパー山岸サワは、派遣先の家で思わぬトラブルに巻き込まれ仕事をクビになってしまう。

いきなり住むところを失い、おまけに一文無しで途方に暮れるサワ。

しかし、カラオケ店の受付でまごつく老人を見つけるや、強引に同室となって楽しく一夜を過ごす。

その次に出会ったのは、駐輪場の自転車を次々とパンクさせている老人、茂。

サワは優しく声を掛けつつ無理やり家に上がり込むと、得意のヘルパー仕事で世話を焼き始める。

最初は警戒していた茂もプロの技に癒され、いつしか心を開いていく。

その後も行く先々で老人の弱みを握っては、生きるために“おしかけヘルパー”をしていくサワだったが…。


★★★★★★・・・・(6/10)

何でしょうね・・・・老人介護のロードムービー?

sub1_005_7648.jpg

飽きる事無く最後まで観ましたが

長いよ!

観てる間に飯食って、その後、後半ではおやつまで食べちゃいました。

前半は文句なく面白かったのですが、途中、津川雅彦(演じる役)がわけ分からん事を言い出したあたりから、ストーリーがどこに向かっているのか見えなくなり

コチラとしても戸惑いながら「もうすぐ終わるだろう」と我慢していたら、また別のエピソードが始まって

胸糞悪い近親相姦をブチ込んできました。

ここら辺がこの監督の私には理解できないトコなんだけど、キネ旬のベスト2に入るっているってことは、そんなぶっ飛んだ所が評価されているのかな?

正直、「カケラ」も私には不快だったし、本作もこんな近親相姦の話を、家族と義理の家族で和気あいあいと撮影しているのも、何だか気持ちが悪いです。

005_sub04.jpg

女優“安藤サクラ”は大好きなので応援していますし、本作でもその魅力は充分に発揮されていましたが、作品自体が何を言いたいのか私のような愚民には理解できなかったのと、それを3時間以上も期待して観ていた時分が残念に思えた作品です。

たぶん安藤サクラが出なければこの監督の作品はもう観ないでしょう。

◆「0.5ミリ」 2013年/日本 【196分】
監督:安藤桃子 原作:安藤桃子 脚本:安藤桃子 撮影:灰原隆裕 音楽:TaQ 主題歌:寺尾紗穂 出演:安藤サクラ/織本順吉/木内みどり/土屋希望/井上竜夫/東出昌大/ベンガル/角替和枝/浅田美代子/坂田利夫/草笛光子/柄本明/津川雅彦

FC2 Blog Ranking
バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4404-82a96d9e