荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ギャレス・エドワーズ監督 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルBlu-rayで映画「ローグ・ワン」を観る。

1975da105a84b940b65aeed1b28499d4.jpg 161117000016-0.jpg

ダース・ベイダー擁する帝国軍の究極兵器“デス・スター”がついに完成しようとしていた。

その圧倒的な破壊力の前に、銀河全体が恐怖に支配されようとしていた。

有名な科学者ゲイレン・アーソを父に持ちながらも、家族と離れ離れとなり、たった一人で生き抜いてきたタフな女アウトロー、ジン・アーソ。

ある日、彼女は反乱軍の将校キャシアン・アンドーから、父ゲイレンがデス・スターの設計に関わっていた可能性があると知らされる。

そこで真相を突き止めるべく、ならず者ばかりで構成された反乱軍の極秘チーム“ローグ・ワン”の一員となり、デス・スターの設計図を盗み出すという過酷なミッションに身を投じていくジンだったが…。


★★★★★・・・・・(5/10) 

古いスターウォーズファン(しかもあまり熱心ではない)にすれば、やっぱり知ったキャラやメカが出てこないと燃えないのです。

そう言う意味では期待した作品でしたが・・・・期待外れでした。

一本の映画として観れば、過去のオマージュなんて必要はありませんし、それが正しい映画の作り方だと私も思います。

ですが、CGやアクションだけで、先が読める勧善懲悪の映画を、オッさんが2時間以上も観るには辛すぎます。

仲間たちが1人また1人とやられていく展開は王道ではあるのですが、天下の「スターウォーズ」がこの程度のストーリーでエピソードにしてしまうのでしたら、この先無限に作れるでしょう。

出てくる登場人物たちにあまり魅力を感じなかったのも残念です。

rouguwannkyara.jpg

◆「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー:ROGUE ONE A STAR WARS STORY」 2016年/アメリカ 【134分】
監督:ギャレス・エドワーズ 原案:ジョン・ノール/ゲイリー・ウィッタ 脚本:クリス・ワイツ/トニー・ギルロイ 撮影:グレイグ・フレイザー 音楽:マイケル・ジアッキノ 出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/チアン・ウェン/リズ・アーメッド/フォレスト・ウィテカー/ジミー・スミッツ/ジュネヴィーヴ・オライリー/アンソニー・ダニエルズ 声の出演:ジェームズ・アール・ジョーンズ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4434-5bcbbad6