FC2ブログ

荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

三島有紀子監督 「少女」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「少女」を観る。

20180513tirasi (4) 20180513tirasi (3)

幼なじみで親友同士の高校2年生、桜井由紀と草野敦子。

天真爛漫だった敦子は、剣道の団体戦でのミスが原因でイジメの対象になってしまう。

読書が好きでおとなしい由紀は、敦子が集団でイジメられていても助けることができない。

そんな由紀も、書き上げたばかりの自作の小説原稿を何者かに盗まれてしまう。

やがてその小説は、国語教師・小倉の名前で新人文学賞を受賞する。

そんな2人の前に、親友の死体を目撃したという転校生・紫織が現われる。

本当の死というものにすっかり囚われてしまった由紀と敦子は、夏休みに入るとそれぞれ小児病棟と老人ホームでボランティア活動を始めるのだったが…。

★★★★・・・・・・(4/10) 

原作が未読な湊かなえ作品なのでレンタルしました・・・・いえいえ決して本田翼や山本美月の制服姿が見たかったわけではありません・・・本当です、本当ですってば。

ですが・・・

お二人は、もう制服って感じじゃないですね、とても違和感をおぼえました。

shoujo_in_eyecatch.jpg

とてもタルく、前半は睡魔と闘いながらの鑑賞。

少女時代特有の残酷で美しい日常って・・・オジさんには退屈でした。

中盤、夏休みのあたりから人間関係が広がり、やっとミステリっぽくなってきたと喜びましたが

謎解きというより因果応報。

出てきた人物がすべて繋がりましたね・・・狭い町です。

最大の謎解きは出だしの演劇っぽい台詞は誰の言葉か?と言うトコロですが、そんなの終盤には既に忘れていますので

「あぁ、そうだったのか?]

てな感想です。

shojo_sub2-760x504.jpg

あとで気が付きましたが「ぶどうのなみだ」や「しあわせのパン」 の監督なのですね・・・妙に納得。

私はこの監督の世界観には共感できないようです。

◆「少女」 2016年/日本 【120分】
監督:三島有紀子 原作:湊かなえ 脚本:松井香奈/三島有紀子 撮影:月永雄太 音楽:平本正宏 主題歌:GLIM SPANKY 出演:本田翼/山本美月/真剣佑/佐藤玲/児嶋一哉/菅原大吉/川上麻衣子/銀粉蝶/白川和子/稲垣吾郎

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4436-6a5e0b3f