荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

中野量太監督 「湯を沸かすほどの熱い愛」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

レンタルDVDで映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を観る。

20160912115710-0001-800x1132.jpg 20160716000028-0.jpg

銭湯“幸の湯”を営む幸野家。

しかし父の一浩が一年前に蒸発してしまい、銭湯は休業状態に。

母の双葉は代わりにパン屋でパートをしながら中学生の娘・安澄を育てている。

そんなある日、突然倒れた双葉は、ガンで余命2ヵ月と非情な宣告を受ける。

ショックを受けつつも、現実に気丈に立ち向かい、家出した夫の捜索や銭湯の再開、学校でイジメに遭っている娘を叱咤して独り立ちさせる、といったやらなければならないことをリストアップし、すぐさま行動に移す双葉だったが…。


★★★★★★・・・・(6/10) 

なんでこんなラストにしちゃったんだろうな?
タイトルはこれに引っかけてるんだな・・・


と、誰もが感じる作品だと思います。

メロドラマの王道、イジメに難病、血の繋がりのない家族の絆。

666-l2.jpg

タイトルに“愛”が入っているので分かる通り、お涙頂戴のエピソードがてんこ盛り。

それはそれでいいんです。

だってそう言う映画なんですから。

宮沢りえ&杉咲花の親子は観ている側に伝わる気持ちのいいコンビ。

その他俳優陣もいい味だして、このベッタベタなお話を盛り上げていました。

で、オジさんも素直に号泣していたのですが

最後に「?????」

確かに非現実的な部分は要所々にありましたが、メロドラマなのでそれは良しとしても

最後のそれは無しでしょう。

rasutohenndayo.png

ファンタジーと言ってしまえばそれまでですが、前段階でその片鱗を見せていてくれれば納得できたのかもしれません。

最後まで気持ちよく泣けなかったのが残念でした。

◆「湯を沸かすほどの熱い愛」 2016年/日本 【125分】
監督:中野量太 脚本:中野量太 撮影: 池内義浩 音楽:渡邊崇 主題歌:きのこ帝国 出演:宮沢りえ/杉咲花/伊東蒼/篠原ゆき子/駿河太郎/松原菜野花/江藤修平/三浦景虎/田中壮太郎/りりィ/松坂桃李/オダギリジョー
※2016年第40回日本アカデミー賞 新人俳優賞 (杉咲花)、最優秀主演女優賞 (宮沢りえ)、 最優秀助演女優賞 (杉咲花)受賞
※2016年ブルーリボン賞 助演女優賞 (杉咲花)受賞


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4438-206110eb