FC2ブログ

荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

ジョゼ・パヂーリャ監督 「ロボコップ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「ロボコップ」を観る。

139134873014933873228.jpg 139134873592720657228.jpg

2028年。

ロボット技術で世界を支配する巨大企業オムニコープ。

同社のロボットが世界各地で軍事利用される中、アメリカではその配備が法律で禁じられていた。

それでもアメリカ国内での普及を目指すオムニコープは、様々な手段を講じてこの法律の廃止を画策する。

そんな中、愛する妻と息子と共に犯罪都市デトロイトに暮らす勤勉な警官アレックス・マーフィ。

ある日彼は、爆発事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負ってしまう。

ところが、オムニコープのノートン博士による最先端ロボット技術を駆使した手術が実施され、アレックスはただ命を救われただけでなく、最強のサイボーグ警官“ロボコップ”として復活するのだった。

そして、オムニコープはこのロボコップを広告塔として利用すべく、アレックスを再び現場に復帰させる。

ロボコップとなったアレックスは、その驚異的な捜査能力で街の治安維持に貢献していくのだが…。


★★★★★★・・・・(6/10) 

ゲイリー・オールドマンにマイケル・キートン、おまけに真っ黒いスーツでバイクで走り回るなんて・・・バットマンの続編かと思いました。

まぁ、ストーリー自体も前作とは全然違うので、「ロボコップ」と言わなければ、まるで別の作品として観れるのですが・・・

と言うより、これは「ロボコップ」と思わないで観た方が面白く観れるかも。

CGアクションは当たり前に新作の方が良いに決まっていますが、昔の作品をダイレクトに観ているオッさん世代には、単純な設定や分かり易い家族愛、外連味溢れた演出や毒のあるジョークなどは前作の方に分があるように思えます。

だから、続編にもそれを期待した部分があるのですが、リアルになった分、それら全てが薄まっている気がしてなりません。

切り口も設定も展開も主人公の外見も変えるのだったら、無理やりロボコップにしないほうが面白かったんじゃないかな?

出だしはロボコップを観ているのを忘れて楽しめた映画だったので、逆に残念。

続編が出てもたぶん観ないでしょうが、監督の新作だったら観たいと思います。

◆「ロボコップ:ROBOCOP」 2014年/アメリカ 【117分】
監督:ジョゼ・パヂーリャ 脚本:ジョシュア・ゼトゥマー オリジナル脚本:エドワード・ニューマイヤー/マイケル・マイナー 撮影:ルラ・カルヴァーリョ 音楽:ペドロ・ブロンフマン 出演:ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ/ジャッキー・アール・ヘイリー/マイケル・K・ウィリアムズ/ジェニファー・イーリー/ジェイ・バルシェル/サミュエル・L・ジャクソン

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4442-e38cc097