FC2ブログ

荒雑録

映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。

マイケル・ブラント監督 「顔のないスパイ」

Posted by Tommy荒野 on   0 comments   0 trackback

録画した映画「顔のないスパイ」を観る。

kaononaisupai01 (1) kaononaisupai01 (2)

ある日、ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口から、すでに死んだとされていたソ連の伝説のスパイ“カシウス”の名前が浮上してくる。

そこでCIA長官ハイランドは、かつてカシウスの追跡に実績を残した元CIAエージェントのポール・シェファーソンを呼び戻し、大学でカシウスの研究をしていたFBIの新人捜査官ベン・ギアリーと組ませて捜査に当たらせる。

カシウスに魅せられ、彼が殺しを復活させたと信じるベンに対し、カシウスは死んでおり事件は模倣犯の仕業と一蹴するポールだったが…。


★★★★★・・・・・(5/10)

予備知識なしだったので、簡素なタイトルより「本格スパイ物か?」と思い録画。

サスペンスだと気が付かなかった途中までは凄く面白く観られました(笑)。

前半で主人公が殺し屋スパイだったと分った辺りから主人公が周囲から追い詰められていくかと思いきや・・・

伝説のスパイにしては、他人にお優しい事で。

対する相棒は鈍感な上、その正体も察しがつきます。

主人公が裏切った理由が物語のキモだと踏んでいたのですが、どうもありきたりと言えばありきたりな理由で・・・殺し屋のくせに。

そして、お約束の銃撃戦にカーチェイス。

最後は二転三転してのオチを期待しましたが、それも無く。

相棒はこれからどうなるんでしょうね?

そこら辺も不明です。

kaononaisupai05 (2)

そうですね・・・本格のスパイ映画なんてもう今では流行らないですよね。

現にカミさんは「面白かった」と言っていましたし。

今の時代はスパイ自体がもうリアルじゃなく、「007」か「ミッション:インポッシブル」だけの世界かもしれません。

本作の舞台をもっと昔に設定していたら・・・二重スパイってのもリアルに思えたかもしれません。

◆「顔のないスパイ:THE DOUBLE」 2011年/アメリカ 【98分】
監督:マイケル・ブラント 脚本:マイケル・ブラント/デレク・ハース 撮影:ジェフリー・L・キンボール 音楽:ジョン・デブニー 出演:リチャード・ギア/トファー・グレイス/スティーヴン・モイヤー/オデット・ユーストマン/スタナ・カティック/クリス・マークエット/テイマー・ハッサン/マーティン・シーン

※どこかで見た顔・・・とは思ってましたがマーティン・シーンでしたか。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://arazatu.blog48.fc2.com/tb.php/4746-a6949893