fc2ブログ

ジョン・ル・カレ読了作品一覧

■ジョン・ル・カレ(John le Carré、1931年10月19日 ~)
本名:デイヴィッド・ジョン・ムア・ コーンウェル〈David J. M. Cornwell〉)は、イギリス、ドーセットのプール出身の小説家。スパイ小説で知られている。
外務・英連邦省に入り、1956年にMI5の下級職員となった。1960年にMI6への転属願いを出す。1961年春にちょうどMI6の新人訓練を終える頃、イギリスの諜報員でソ連の二重スパイだったジョージ・ブレイク逮捕の知らせが入る。主に西ドイツ(在ボン大使館、在ハンブルク領事館)で働いた。外交官として働く傍ら、その経験を元に小説を書き始め、1961年(29歳)のとき発表した『死者にかかってきた電話』で小説家としてデビュー。
1963年9月、『寒い国から帰ってきたスパイ』を出版。同作品は出版前に3回も増刷され、かつパラマウント映画から映画化のオファーを受けた。エドガー賞 長編賞を受賞し、世界的に評価を得る。
ル・カレの作品の多くは、初老のイギリス情報部幹部「ジョージ・スマイリー」が登場し、その中でもスマイリーを主人公としたものは1960年代では『死者にかかってきた電話』『高貴なる殺人』、1970年代では『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』『スクールボーイ閣下』『スマイリーと仲間たち』の合計5作である。特に1970年代に発表した長編3作は全てスマイリーを主人公としており、日本ではその3作を「スマイリー三部作」と呼ぶ。
その後もスパイものを中心に作品を発表しており、各国語に翻訳されて世界各国で発売されている。映画化やテレビドラマ化された作品も多い。作家のニック・ハーカウェイ(Nick Harkaway)は息子。


■ジョン・ル・カレ読了作品一覧 【2019年11月現在】

01)宇野利泰訳 「寒い国から帰ってきたスパイ:The Spy Who Came in from the Cold」
02)村上博基訳 「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(新訳版):Tinker Tailor Soldier Spy」
03)加賀山卓朗訳 「誰よりも狙われた男:A Most Wanted Man」」
04)村上博基訳 「パーフェクト・スパイ(上・下):A PERFECT SPY」
05)村上博基訳 「われらのゲーム:Our Game」
06)村上博基訳 「リトル・ドラマー・ガール(上・下)The Little Drummer Girl」

■原作映画・ドラマ/鑑賞作品一覧

01)「寒い国から帰ったスパイ」【1965】 映画
02)「テイラー・オブ・パナマ」【2001】 映画
03)「ナイロビの蜂」【2005】 映画
04)「裏切りのサーカス」【2011】 映画
05)「誰よりも狙われた男」【2013】 映画
06)「われらが背きし者」【2016】 映画

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク