fc2ブログ

原田眞人監督 「検察側の罪人 (2018)」

レンタルDVDで映画「検察側の罪人」を観る。

kennsatugawa01.jpg kennsatugawa02.jpg

東京地検刑事部のエリート検事・最上のもとに、彼に心酔する若手検事・沖野が配属されてくる。

さっそく2人で都内で発生した老夫婦殺人事件を担当することに。

すると最上は、被疑者の一人である松倉という男に激しく反応する。

松倉はすでに時効を迎えている未解決殺人事件の重要参考人だった。

最上は今回の事件も松倉の犯行と確信し、なんとしても松倉を有罪にしなければならないとの強い思いに囚われていく。

そんな最上の意を汲み、松倉から自白を引き出すべく取り調べに力が入る沖野だったが…。


★★★★★★・・・・(6/10)

原田監督への期待と原作の雫井氏への心配を胸に鑑賞。

正直、両者の(私の考える)悪い部分が目立った作品になってしまった印象です。

監督のメッセージ性を詰め込み過ぎた演出。

作者の前半と後半の物語の落差と違和感。

エンタメとして楽しむにはリアルが邪魔をし、苦悩や葛藤する検察官のドラマとしては非リアル。

観客としてはノンフィクションとしての「巧い嘘」を期待したいましたが、そこのバランスが悪い気がします。

キムタクも二宮君も吉高さんも頑張ってはいましたが、何かこの中途半端な世界観で空回りをしているように見えました。

kennsatugawano002.jpg

殺人犯役の酒向芳氏や悪徳ブローカー役の松重氏は強烈なインパクトを残すものの、軸となるストーリーを考えるとむしろその存在感は邪魔だったかもしれません。

出演俳優それぞれの演技を観るには面白いかもしれませんが、物語としては物足りなさが残る作品でした。

鑑賞して数日経ちますが、一番印象に残っているのは

「ンパッ」

だけかな。

npatteitteru.jpg

◆「検察側の罪人」 2018年/日本 【123分】
監督:原田眞人 原作:雫井脩介 脚本:原田眞人 撮影:柴主高秀 音楽:富貴晴美/土屋玲子 出演:木村拓哉/二宮和也/吉高由里子/平岳大/大倉孝二/八嶋智人/音尾琢真/芦名星

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク