fc2ブログ

フリーマントル著 「罠にかけられた男」

ブライアン・フリーマントル 著 稲葉明雄 訳 「罠にかけられた男」(新潮文庫/1991年12月第15刷)を読む。

wananikakerareta.jpg

英米情報部の追及を逃れて潜伏生活を続けるチャーリーは、親友ルウパートから再び応援を求められた。

莫大な価値を持つロマノフ王朝切手コレクションの保険を引受けたという。

厳重な監視下の展示会場で、チャーリーは切手を狙う大がかりな計画があることを嗅ぎつけた。

一方ルウパートの美貌の妻クラリッサは、なぜか執拗にチャーリーを誘うが一。

元情報部員の必死の生残りゲーム。

解説:稲葉明雄


★★★★★★★・・・(7/10)

「消されかけた男」「再び消されかけた男」「呼びだされた男」に続くチャーリー・マフィ ン・シリーズの第4弾です。

前作同様、保険会社の探偵になった主人公なので出だしはちょっと喰いつきが悪かったのですが、途中で主人公がKGBに電話するあたりから徐々にテンションが上がってきました。

危ない奴らが集合しはじめ、タイムリミットが切られ、主人公の命が危うくなると、もう頁をめくる手が止まりません。

アクションシーンは一気読みです・・・後で読みなおしましたが。

策士である主人公が生き残り、その他の人間たちの目論見がことごとく崩れるさまは読んでいて気持ちがいい。

ここら辺は昨今の逆転企業小説にも通ずる面白さがあるかもしれません。

そしてラストの静かな友情劇。

面白かったです。

前作でちょっと中弛した緊張感が戻ってきました。

やはり主人公の命の駆け引きが無いと私的には盛り上がりません。

なので次回の「追いつめられた男」はそのタイトルより今回以上の期待を持たせるのですが・・・・

また、売ってないのよ、これが。

その次の「亡命者はモスクワをめざす」は買ってあるんだけど。

古本屋・・・廻ります。

wananikakeraretaotoko01.jpg
◆Brian Freemantle 「Charlie Muffin's Uncle Sam」(1980/GBR)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

§ 捜索隊出動要請発令。

「追いつめられた男」たしか前に貰ったのが有ったはずなんで、明日明後日探してみる❗️
しばし待たれい。

§ Re: 捜索隊出動要請発令。

おぉ、ありがとう!でも、無かったら無理しないでね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク