fc2ブログ

米澤穂信著 「満願」

米澤穂信著「満願」(新潮文庫/2014年刊)を読む。

manngann010102.jpg

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。

驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。

入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。

「夜警」「死人宿」「柘榴」「万灯」「関守」「満願」収録。


★★★★★★・・・・(6/10)

著者の作品は「小市民シリーズ」×3作と「古典部シリーズ」×2作、「さよなら妖精」、「犬はどこだ」、「ボトルネック」、「インシテミル」・・・案外読んでいます。

好きな作家ですが、「インシテミル」が私的には駄目だったのと、「古典部シリーズ」がオッさんには合わなかったので、しばらくは読んでいませんでした。

本作は第27回 山本周五郎賞を受賞し、第151回 直木三十五賞の候補となり、「ミステリが読みたい! 2015年版 国内編」「週刊文春ミステリーベスト10 2014 国内部門」「このミステリーがすごい! 2015年版 国内編」でいずれも1位を取った作品だそうです。

期待して購入しましたが・・・

思い出しました!

本作は2018年にドラマ化されていまして、そちらはガッツリ観ていました。

なので、なんとなくドラマ化された短編「夜警」「万灯」「満願」の3編を先に読みました。

3作ともドラマではとても面白かったと記憶しますので、かなり原作に忠実にドラマ化されていたのではないでしょうか。

それ故、読むとドラマの画面を思い出させ、おまけにオチ=トリックも知っているので、残念ながら今回は(作品のせいではないのに)面白さ半減でした。

その他の「死人宿」「柘榴」「関守」は、(個人的な感想で言えば)前の3作より評価は低いかな・・・とは言え面白いのに違いはないけど。

すべてが全然違うタイプのストーリーなのですが、「推理」という部分では共通する作品群。

確かに選りすぐりと思わせる短編集です。

う~ん、最初に「3冠」って知っていなければ、期待値も上がらず、もしかしたらもっと評価が高かったでしょうし、ドラマ観てなかったら、全作面白く読めたのにな・・・・。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク