fc2ブログ

前川裕著 「クリーピー スクリーチ」

前川裕著 「クリーピー スクリーチ」(光文社文庫/2016年刊)を読む。

kuri-pi-supuri-tti001.jpg

琉北大学の職員・島本龍也は、学生の御園百合菜から指導教授のセクハラの相談を受けた。

だが百合菜は、大学内の女子トイレで惨殺死体となって発見される。

しかも事件は、獣のような金切り声を現場に残す女子学生連続殺人へと発展していった。

かつて猟奇殺人事件を解決した琉北大学教授の高倉孝一もまた、事件の渦中に巻き込まれていく。

日常に潜む闇の恐怖が忍び寄る!

解説:千街晶之


★★★★★・・・・・(5/10)

古本屋で見つけて購入。

2016年に映画化もされた著者の小説「クリーピー」の続編です。

kuri-pi-syousetu001.jpg kuri-pi-02.jpg

小説と映画は別物になっていて、小説のほうが面白かったと言うのは覚えているんですが・・・

小説の内容を全然覚えておりません!

まぁ、それでも大丈夫かなと思って読み始めましたが

全然大丈夫でした(笑)。

主人公が違い、前回の主人公は脇役に徹しているのと、前回のお話がまるっきり出てこない別の物語なので、これはこれで新しいお話として読むことができました。

ただ、あまり活躍しない前回の主人公に「このキャラいるのか?と言うか続編の意味があるのか?」との疑問はありましたが。

読みやすく、展開が早いのでサクサク読めましたが、残りのページが少なくなるにつれちょっと不安が・・・

事件の解明がぜんぜん進まないのです。

【ネタバレ注意】

連続殺人に便乗して今回の主人公が殺人を犯すのですが、大本の連続殺人の犯人が一向に見えてきません。

ここら辺で前回の主人公が探偵として活躍するかと思いきや、終わり30頁弱でいきなりの犯人逮捕。

スクリーチの理由もあっけない。

どんでん返しが待ち構えているか!と期待しましたが、主人公の自首で物語は終わり。

前回の主人公の謎解きも・・・謎解きとは言えないモノ。

なんともあっけなく物足りない。

う~ん、途中まで面白く読めていたのですが、それはやっぱり犯人のトリックや動機が気になっていたから。

いくつか頭の中で仮説を立てていたのですが、すべて外れましたね(笑)。

「クリーピー」「クリーピー スクリーチ」と著者の作品は2冊目。

どうやらこちらはシリーズ化していて「クリーピー クリミナルズ」「クリーピー ラバーズ」とかあるようですが・・・私的にはもういいかな。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク