fc2ブログ

フリーマントル著 「魂をなくした男(下)」

ブライアン・フリーマントル著 戸田裕之訳 「魂をなくした男(下)」(新潮文庫/2014年刊)を読む。

tamasiiwonakusitagekann.jpg

MI6部長は焦っていた。

チャーリー暗殺を計画したが失敗。

再び抹殺を企てるも、同組織内では早くも責任のなすりあいが始まっていた。

一方でMI5はチャーリーを狙撃した犯人を突き止めるため調査を開始。

そんな中、MI6がチャーリーに銃口を向けるのが目撃され、両情報機関の非難合戦はピークに。諜報員同士の騙しあいに次ぐ騙しあい、暗闘、嫉妬…。

エスピオナージュの白眉。

★★★★★★★★・・(8/10)

2013年に刊行された16作目(新潮文庫では15作目)のチャーリー・マフィンシリーズで、シリーズ最終3部作の第3部。

mafinnsiri-zu01-04made (4) mafinnsiri-zu01-04made (1) mafinnsiri-zu01-04made (2) mafinnsiri-zu01-04made (3) tya-rinnmafinnsiri-zu005 (1) 2020090815590075202.jpg annsatusyawoaisita0102.jpg furi-manntorusogeki001 (1) houfukujyouge002 (1) houfukujyouge002 (2) ryuusyutujyouge (1) ryuusyutujyouge (2) 202011141732160e6002.jpg matarereita002 - コピー jyouhekini01s_202107071433079c3.jpg 202107122222136ee_20210713101102343.jpg kataudewo005 (1) kataudewo005 (2) kaowonakusitatya-ri-02 (2) kaowonakusitatya-ri-02 (1) tamasiiwo001 - コピー tamasiiwonakusitagekann[1]02

高校生の時に1作目の「消されかけた男」を読み、2019年に再読し、それから2年かけてシリーズを読み続け、やっと読了。

まずは、シリーズを読み終わった満足感でいっぱいです・・・・にしても、未訳の9作目が気になる所です。

物語は下巻に入ってからも牽制&騙しあいの会議と尋問が中心。

前半は先の見えない展開が途中まで続きますが、チャーリーの妻が起死回生の活躍を見せるとともに、一気に物語は終盤まで。

チャーリー自身の大活躍は少なかったものの、最後にはプロらしい閃きを見せてくれます。

そして大団円。

30年以上も続いたシリーズとしては多少の物足りなさは残すものの、お見事な締めくくりでした。

続きを読みたい気持ちはありますが、フリーマントル氏も80歳を過ぎているので無理は言えません。

この2年間、とても楽しい時間を過ごさせてくれたことを感謝し、チャーリー・マフィンにお別れをしたいと思います。

なので★ひとつオマケです。

5171qTeBvXL.jpg
◆Brian Freemantle 「Red Star Falling」(2013/GBR)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク