fc2ブログ

フリーマントル著 「十二の秘密指令」 

ブライアン・フリーマントル著 新庄哲夫訳 「十二の秘密指令 The Factory and Other Stories」(新潮文庫/1990年7月刊)を読む。

bookoff1o312 (3)

英国情報機関内にどうやら「もぐら=二重スパイ」がいるらしい。

情報工作本部長サミュエル・ベルは、自らの部下の内偵という屈辱的作業を強いられ、組織内での孤独感を深めてゆく。

窮余の一策としてベルは部下の信頼度を試す「秘密指令」を作成。

指令の遂行過程に組み込んだ巧妙なプログラムは、見事スパイを突き止めたかに思えたが…。

連作短編に挑んだフリーマントルの異色作。

【収録作品】
裏切り者/亡命者/救出/暗殺/もぐら/醜聞/マネー・チェンジャー/テロリスト・ルート/皇帝の密書/尋問/暗号破り/セカンド・チャンス

訳者あとがき:新庄哲夫


★★★★★★・・・・(6/10)

あとがきを読むと、どうやら日本の雑誌で掲載・初出された物語らしいです。

たぶん、それは著者のチャーリー・マフィンシリーズの日本での人気の高さを物語っているのでしょう。

本作は英国情報部内で起こる情報漏洩と二重スパイ探しが中心の12作の連作短編。

1篇1篇の主人公は違いますが、英国情報部部長が共通して登場、最後にはどんでん返しが待っています。

12作もあるので1作は非常に短いのですが、いろいろな事件の中で、いろいろな工作員の姿が楽しめる作品です・・・とは言えその分、各エピソードの盛り上がりと満足度は今一つではありますが。

とりあえず面白かったです。

なんとなくこれで著者との一区切りが出来たように感じました。

以後はまた別の作家のエスピオナージュを読んでみたいと思います。

・・・・とは言え、ル・カレの読まなきゃならない作品が本棚には数冊待っていますが。

12nohimitusirei001.jpg
◆Brian Freemantle 「The Factory」(1989/GBR)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク