fc2ブログ

デイヴィッド・バルダッチ著 「完全記憶探偵(下)」

デイヴィッド・バルダッチ著 関麻衣子訳 「完全記憶探偵(下)」 (竹書房文庫/2016年12月第1刷刊)を読む。

kannzennkiokutannteige01.jpg

“いつ終わるんだ、兄弟。

おまえが教えてくれ”FBI捜査官の殺害現場に残されたメッセージ。

この殺人もまた、デッカーの一家殺害やマンスフィールド高校での銃乱射事件に連なるものだった。

そして、それすらも、新たな事件の端緒に過ぎなかった―。

自首してきた謎の男レオポルドには、よりによって警察に拘束されていたという完璧なアリバイがあり、事件は振り出しに戻ったかに思われた。

だが、現場に残され続ける犯人からのメッセージに、頭の中のDVDを再生すると、意外な事実が浮かんだ…。

歩いて、見て、訊いて、思い出す―。

“忘れることができない”完全記憶能力を持つ探偵デッカーは、この謎を解くことができるのか。

ニューヨークタイムズベストセラーリスト1位獲得の話題のミステリ、ついに日本登場!


★★★★★★★・・・(7/10)

下巻もイッキ読みでした。

新たに起こる殺人事件に後手後手の主人公たち。

犯人の残したヒントより唯一の手掛かりは主人公の過去。

やがて犯人が特定されるが、自分が恨まれる覚えはなく、主人公は犯人の根本的な動機が分からない・・・

と、一番のキモは犯人の動機だと踏んでいましたが、その前に次から次へ出てくる犯人の悲惨な過去。

いつの間にか犯人側に同情してしまいました。

とは言え動機が分かった時には

主人公の妻子や高校生たちを殺した動機がそれ?

とは思いましたが、まぁ、そんな悲惨な過去ならそんな事もあるのかな・・・と無理矢理納得。

そんな部分を差っ引いたとしても

いやいやなかなか面白かったです。

この作家を知れたのは、久々のヒットかな。

他の作品も読んでみたいと思いますし、どうやら本作の続編もあるもよう。

完全記憶捜査官となった主人公の活躍も読んでみたい。

竹書房さん、侮っていてごめんなさい(笑)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク