fc2ブログ

太田紫織著 「ホームズは北海道で怪異を嗤う」

太田紫織著 「ホームズは北海道で怪異を嗤う」 (双葉文庫/2018年12月第1刷)を読む。

20220115 (4)

アフリカ帰りの医師・和戸一郎は、札幌にあるホームズ超常科学研究所・所長の河邊鐡臣の助手となった。

眉目秀麗な青年実業家の河邊が、なんでオカルトでホームズ?

実は河邊には、ある事故をきっかけに16歳の可憐な少女の魂が乗り移っていた。

河邊の意識が戻るのは一日15分。

自分の身体に起こった謎を解くため、ホームズ&和戸さん(ワトソン)は、北海道で起こる謎の怪事件に挑む!


★★★★・・・・・・(4/10)

疲れないで読める本を・・・

との思いでチョイスした本作。

著者のお名前は存じませんが、以前TVで放映していた観月ありささん主演のドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の原作者の方だそうです・・・・あのドラマ、最初は観ていましたが途中から観なくなりました・・・単純に面白くなかったから。

著者は北海道の方なのですね、道理で北海道の描写が細かいわけだ・・・・・と思っていましたが、ちょっと多すぎませんか?

物語には直接関係ないのですから、そこら辺はさらっと流しても!と言う描写が多くて、物語のテンポを乱している気がします。

そもそも設定からして分かり辛いです。

30代の男の体に16歳の女性が乗り移っていると言うのは良しとしても、それを無理矢理ホームズに結び付け、お互いに「ホームズ」「ワトソン」「ハドソン」などと呼び合う場面は読んでいてコチラが気恥ずかしい。

また、超常現象や怪異と謳っている割にはそこの部分は薄く、言い訳がましい説明的な台詞が多いのには鼻白んでしまいます。

そこに主人公の謎に満ちた過去とかぶち込まれても、オジさんにはついていけませんでした。

これは・・・私の選択ミスです。

残念ながらこちらは私が楽しめる作品ではなかったようです。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク