fc2ブログ

ユッシ エーズラ・オールスン著  「特捜部Q - Pからのメッセージ - (下)」

ユッシ エーズラ・オールスン著 吉田薫・福原美穂子訳 「特捜部Q ―Pからのメッセージ― 下」 (ハヤカワ・ミステリ文庫/2013年第1刷)を読む。

51KumS4245L.jpgtokusouhannqsyousetupgekann.jpg

雲をつかむような誘拐事件の追跡は、まったく進捗しなかった。

だが特捜部Qはあきらめない。

わずかな手がかりと根気を武器に、じりじりと捜査を進める。

そのころ悪魔のような犯人は、新たな凶行を進めていた。

その毒牙にかかるのは罪もない子供たちだった……ますます快調。

アサドに続き、ローセの秘密までもが明らかになる驚きの展開!

シリーズ第三作でついに北欧最高のミステリ賞「ガラスの鍵」賞を射止めた最高傑作

【解説/堂場瞬一】


★★★★★★★★・・(8/10)

下巻あたりになるとすっかりと記憶がないものですわ(笑)。

まぁ、その分、結末が分からず素直に楽しめたのですが。

上巻の終わりより、完璧だったはずの犯人の計画が“女性たち”によってゆがみ始め、下巻の初っ端より物語は大きく動きます。

犯人、そしてその妻と子、誘拐された子供たちとその両親の行動。

それぞれ最悪な方向に進みそうになりながらも、特捜部Qの怒涛の追撃。

そして劇的なエンディング。

家族と宗教の重いテーマを孕む暗いお話しですが、最後には一筋の光が見えた気がします。

いやいやこれは面白い!

「ガラスの鍵」賞がなんぼのもんか知りませんが、見る目は確かです(上目線)。

主人公の相棒のアサドやローセの問題はまだ残っていますが、それはおいおい分かってくることなのでしょう。

と言う事は

また続きを読まなきゃなりません。

「ミレニアム」を読んだときの事を思い出させました・・・こりゃハマったね。

いずれ機会があったら「檻の中の女」と「キジ殺し」を。

なによりもまず.「カルテ番号64」を読みたくてたまりません!

pkaranomesse-ji001 (2) pkaranomesse-ji001 (1)

※多分その前にDVDで「Pからのメッセージ」を再鑑賞するでしょう。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。
そんなのばかり。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク