fc2ブログ

大九明子監督 「私をくいとめて (2020)」 

レンタルDVDで映画「私をくいとめて」 を観る。

watasiwokuitomete01.jpg watasiwokuitomete02.jpg

脳内に何でも答えてくれる相談役“A”がいることでおひとりさまライフも苦にせず、それなりに楽しい日々を送っている31歳の会社員、黒田みつ子。

ところがある日、年下の営業マンの多田くんに恋をしてしまう。

“A”との平穏な日常が崩れ始め、戸惑いを隠せないみつ子だったが…。

★★★★★★★・・・(7/10)

監督の作品は「時効警察はじめました」や「あのコの夢を見たんです。」「捨ててよ、安達さん。」などTVドラマを面白く観ていましたが映画は初めてかな。

また、のんちゃん(さんや氏を付けるのも変なので)主演の作品は「あまちゃん」以降の映画「海月姫」以来でしょうか・・・あれは、完全に菅田将暉氏に食われていましたが。

とても面白かったです。

いやいや良い女優さんになったもんです。

綿矢りさ氏の原作は未読ですが、本作は彼女の魅力いっぱいで、それを引き出した監督の手腕も相まっての作品でしょうか。

お一人様を満喫する独身女性が、脳内にいるもう一人の冷静な自分と、助け合いながら葛藤する恋愛劇。

最初は以前に観た映画「脳内ポイズンベリー」を彷彿させましたが、途中よりこの“ちょっと変な主人公”に引っ張られ最後まで飽きることなく鑑賞・・・もっと観てられる気分でした。

また共演の林遣都氏、片桐はいり氏の主人公を邪魔しない存在感もとても良く、特に(最近売れっ子の)臼田あさ美氏の同僚が良いアクセントになっています。

橋本愛さんの共演は2人の女優としての成長ぶりが垣間見れた、「あまちゃん」を観ていたコチラとしては感慨深い場面でした。

何かいろいろとあってTVから離れていたのんちゃんですが、結果的には女優として良い方向に働いているのかもしれません。

もう、テレビはいいから映画一本で行っていいんじゃない?

映画ファンとしてはそう言葉をかけたくなるような作品でした。

watasiwokuitomete003.jpg

※実は松岡茉優さん主演の「勝手にふるえてろ(2017)」も観たいと思っていたのですが、そっちも同じ原作者で同じ監督・・・・本作とカブるのかな・・・

◆「私をくいとめて」 2020年/日本 【133分】
監督:大九明子 原作:綿矢りさ 脚本:大九明子 劇中歌:大滝詠一 出演:のん/林遣都/臼田あさ美/若林拓也/前野朋哉/山田真歩/片桐はいり/橋本愛/後藤ユウミ 声の出演:中村倫也

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク