fc2ブログ

ブライアン・フリーマントル読了作品一覧

■ブライアン・フリーマントル(Brian Freemantle, 1936年 - )
イギリスの作家。サウサンプトンに生まれる。中学卒業後、地元新聞社のメッセンジャーボーイから週刊紙の新聞記者となる。中央紙のデイリー・エクスプレス紙、デイリー・スケッチ紙を経て、デイリー・メイル紙に勤務。外報部長を務める1973年に処女作『GOODBYE TO AN OLDFRIEND』でデビュー。1975年に退職し、ジャーナリストとして活動。特派員として30カ国以上に滞在。23歳に脳内出血で倒れ、1988年にも再発するが、手術で一命を取り留めた。ソビエト連邦には、政府当局から入国許可が下りず、ロシアとなり体制が変わるまで入国できなかった。エスピオナージやサスペンスなどの著作が多いが、取材によるノンフィクションなども多数執筆している。作品によっては、Jonathan Evans、Jack Winchester、Harry Asher、John Maxwellなどの名義で発表しているが、日本ではいずれもフリーマントルで紹介されている。主なものに、冴えない風貌でいながら頭脳明晰なスパイであるチャーリー・マフィンシリーズや、欧州版FBIであるユーロポール(欧州刑事警察機構)の心理分析官クローディーン・カーターシリーズ、米露の捜査官がタッグを組むカウリーとダニーロフシリーズなどがある。

●ブライアン・フリーマントル読了作品一覧 【2022年4月現在】

〇チャーリー・マフィンシリーズ
01) 消されかけた男 Charlie Muffin 1977
02) 再び消されかけた男 Clap Hands,Here Comes Charlie 1978
03) 呼びだされた男 The Inscrutable Charlie Muffin 1979
04) 罠にかけられた男 Charlie Muffin's Uncle Sam 1980
05) 追いつめられた男 Madrigal for Charlie Muffin 1981
06) 亡命者はモスクワをめざす Charlie Muffin and Russian Rose 1985
07) 暗殺者を愛した女 Charlie Muffin San 1987
08) 狙撃 The Run Around 1988
09) 報復 Charlie's Apprentice 1993
10) 流出 Charlie's Chance 1996
11) 待たれていた男 Dead Men Living 2000
12) 城壁に手をかけた男 King of Many Castles 2002
13) 片腕をなくした男 RED STAR RISING 2008
14) 顔をなくした男 RED STAR Eclipse 2009
15) 魂をなくした男 RED STAR Falling 2013

〇その他
01) 十二の秘密指令 The Factory 1989
02) スパイよ さらば The Solitary Man 1980
03) 殺人にうってつけの日 Time to Kill 2006

FC2 Blog Ranking
e_01.gif



スポンサーサイト



テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク