fc2ブログ

リチャード・リンクレイター監督 「スクール・オブ・ロック (2003)」 【2】

TV放送していた映画 「スクール・オブ・ロック」を観る。

suku-ruoburokkueiga001 (2) suku-ruoburokkueiga001 (1)

ロックの心を全身で体現するギタリスト、デューイ・フィン。

しかし、そのあまりの破天荒ぶりがアダとなり、ついにバンドをクビになってしまう。

一方私生活でも、家賃の滞納が原因で居候していた親友ネッドのアパートを追い出されようとしていた。

そんな時、ネッドのもとに名門私立小学校から代用教員の話が舞い込む。

たまたま電話に出たデューイはお金欲しさから自分がネッドになりすまし、臨時教師の職に就いてしまうのだった。

ところが、いざ小学校へ行ってみると、そこは厳しい管理教育がなされ、従順な生徒たちにはまるで覇気も個性も感じられなかった。

まともに授業をする気もないデューイにとってそれはどうでもいいことだったが、そんな生徒たちが音楽の才能にあふれていると知ったとき、彼の頭にはあるよこしまなアイデアが浮かぶのだった。


★★★★★★★・・・(7/10)

15年ほど前に鑑賞した映画です。

全米で初登場1位を記録する大ヒットとなった作品と聞きます。

あの頃は、私的なジャック・ブラックの一時的ブームで、彼が主演ってだけでDVDを選んでいた気がします。

「愛しのローズマリー (2001)」「ナチョ・リブレ 覆面の神様 (2006)」「ホリデイ (2006)」「僕らのミライへ逆回転 (2008)」などなど、まぁ、ハズレもありましたが。

本作はバンドをクビになった男がひょんなことからエリート小学校の教員となり、管理教育に漬かりきった生徒たちに“ロックの精神”をたたき込む痛快ロックンロール・コメディ。

まぁ、お決まりと言ってしまえばお決まりのパターンですが、日曜日の午後にのほほ~んと観るには最適な頭使わないバカ映画(褒めてます)。

ロックな映画はあまり観ない私ですが、昔大好きだった「ブルース・ブラザーズ (1980)」のノリで観れるかな(褒め過ぎ?)。

ありえない演出も音楽の良さがカバーしてます。

ロックの神様が

とか言う連中は好きではないのですが、この作品は好きです。

suku-ruoburokku003.jpg

◆「スクール・オブ・ロック THE SCHOOL OF ROCK」 2003年/アメリカ 【110分】
監督:リチャード・リンクレイター 脚本:マイク・ホワイト 撮影:ローヒエ・ストファース 音楽:クレイグ・ウェドレン 音楽コンサルタント:ジム・オルーク 出演:ジャック・ブラック/ジョーン・キューザック/マイク・ホワイト/サラ・シルヴァーマン/ジョーイ・ゲイドス・Jr/ミランダ・コスグローヴ/ケヴィン・クラーク/レベッカ・ブラウン/ロバート・ツァイ/マリアム・ハッサン/ケイトリン・ヘイル/アレイシャ・アレン

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク