fc2ブログ

伊坂幸太郎著 「バイバイ・ブラックバード」

伊坂幸太郎著「バイバイ・ブラックバード」(双葉文庫/2013年3月第1刷)を読む。

baibaiburakkusyousetu.jpg

星野一彦の最後の願いは何者かに〈あのバス〉で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。

そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。

なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。

【併載】 解説:野崎歓(フランス文学者)/伊坂幸太郎ロングインタビュー


★★★★★★★・・・(7/10)

先日、DVDで観たドラマが面白かったので、原作小説を購入。

久々に伊坂作品を読みました。

そしたら・・・・

え~っと、面白かったのです。

面白かったのですが

ほぼドラマと一緒じゃん!

いやいや、ドラマが原作を(繭美の外見以外は)ほぼ忠実に描いていたって事でしょう。

それは個人的には良い事だと思いますし、制作者もましては原作者にも罪はありません。

逆に映画やドラマを観てから原作を読み、何だかんだと文句を言っているのは私ですし。

ただ、結末が分かっているお話を活字で追っかけるのは、よっぽど好きな作品でなければチト辛かった。

おまけに期待した「ここがこう違っていて小説の方が良かった。」って事も書けないし。

一言感想があるとしたら、ドラマと同じで

私はこのお話が好きです

って事ぐらいでしょうか。

以前に観た映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(2019)」では感じませんでしたが、本作を読み終わったら太宰の「グッド・バイ」も読んでみたいと思いました。

anobasuime-ji.jpg

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク