fc2ブログ

永井聡監督 「キャラクター (2021)」

レンタルDVDで映画「キャラクター」を観る。

kyarakuta-001 (1) kyarakuta-001 (2)

画力はあるものの悪役キャラクターを描くことができずに万年アシスタントに甘んじていた山城圭吾は、スケッチに向かった先で一家殺人事件の現場に遭遇し、犯人の顔を目撃してしまう。

そのことを警察の取り調べで伏せた山城は、自分だけが知る犯人を基に生み出した殺人鬼のキャラクター“ダガー”を主人公にサスペンス漫画を描き、異例の大ヒットを飛ばして売れっ子漫画家となるのだったが…。


★★★★★★・・・・(6/10)

kyarakuta-003.png

漫画家が殺人鬼をモデルとして漫画を描くと言うアイデアは斬新でした。

ここら辺は長らく漫画の世界で活躍してきた長崎氏のお力でしょう。

R12シーンのグロさも韓国映画みたいで好みですし、犯人役のFukase氏の雰囲気も良かった。

主人公は菅田将暉でなくともいいのでは?と思いましたが、人気・実力を兼ね備えた俳優なので客も呼べるし安定の演技。

奥さん役の高畑充希さんもいい。

全てにおいて悪い部分は見当たらないし、テンポも良くて面白かった。

じゃあ何が不満かと言うと

怖くも、気持ち悪くもないんですよね。

スレた映画ファンのオッさんのせいもあるでしょうが、物語がまるで作中の漫画やゲームのようで現実味がない。

登場人物の誰にも感情移入が出来ず終わってしまった感があります。

リアル=面白い訳ではないと思いますが、この手の猟奇犯罪物は主人公や犯人、その他の人物の描きこみが必要。

まさに主人公が編集者に言われていた事と同じ気がしました。

まぁ、2時間程度で内容を収めるためにはしょうがないのかな。

あと

小島聖が母親役を演じているのには時代を感じさせましたが

何より驚いたのは

matudayouji003.jpg

「松田洋二?アマゾンの?家族ゲームの?ナウシカの?これ、まつだようじ~??」

って事でしょう。

少年のイメージが強かったので、こんなに老けてると思いませんでしたが、よく考えると彼は私とほぼ同世代。

老けるわけです。

怖いと言えば、それが一番怖かったかな。

◆「キャラクター」 2021年/日本 【125分】
監督:永井聡 原案:長崎尚志 脚本:長崎尚志/川原杏奈/永井聡 撮影:近藤哲也 劇中漫画:江野スミ/古屋兎丸 音楽:小島裕規 出演:菅田将暉/Fukase/高畑充希/中尾明慶/松田洋治/宮崎吐夢/岡部たかし/橋爪淳/小島聖/中村獅童/小栗旬

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク