fc2ブログ

綾辻行人著 「びっくり館の殺人」

綾辻行人著 「びっくり館の殺人」(講談社文庫/2019年6月第19版)を読む。

bikkurikannno001.jpg

あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。

館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが……クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇!

悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!?

ミステリーランド発、「館」シリーズ第8弾、待望の文庫化。

文庫版あとがき:綾辻行人 解説:円堂都司昭


★★★★★★・・・・(6/10)

著者の「館」シリーズ第8弾ですが、他の作品と違い、講談社が児童向けの書籍として2003年から2016年にかけて発行したレーベル「講談社ミステリーランド」より発刊されて作品です・・・児童向けって事で、私が本作を読んでいなかったのもそんな理由もあるのかな。

昨年、第9弾の「奇面館の殺人」が面白かったのと、次の第10弾でシリーズが終わると聞き、こちらも購入しました。

文庫化にあたり表紙は他の表紙と同じ絵ですが、中に児童向けらしくカラーのページや挿絵が入っています。

ちゃんと「館」シリーズとして本格ミステリになっているのか?

心配しながら読み始めましたが・・・・

yakatasiri-zu (1)yakatasiri-zu (2)yakatasiri-zu (6)

yakatasiri-zu (4)yakatasiri-zu (3)yakatasiri-zu (5)

annkokukannyakata (2)annkokukannyakata (1)kamennkannno088 (1)

bikkurikannno001_20220512132733cf1.jpg

一応は本格ミステリになっています。

ただやっぱり子供向けの為に動機やトリックも予想の範囲内。

オカルトチックなラストは著者の他の作品を思い出させます。

体裁は「館」シリーズなのですが、本作を「館」シリーズの一編として数えるにはちょっと役不足かも。

面白かったのですが、ちょっと物足りない。

出来れば文庫化に当たって、大人向けに続きのお話を書き下ろしてくれれば・・・なんて、我儘でしょうか?

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト



テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
わかちゃいるけど
やめられない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク