fc2ブログ

「ガリレオ」セカンドシーズン 第七章「偽装う(よそおう)」

■「ガリレオ」セカンドシーズン 2013年/日本・TV 
第七章「偽装う(よそおう)壁を抜ける!? 天狗伝説殺人事件!」
脚本:福田靖/仁志光佑 演出:西坂瑞城 メインゲスト:香椎由宇/渡部豪太

garireodai7wafusigi.jpg

湯川は栗林とゼミ生の遠野みさきを伴い、茨城で開かれている学会に出席していた。
その帰り、湯川と栗林はみさきに誘われ、彼女の地元である栃木の神社にある「天狗のミイラ」を見に行く。
しかし神社に着くとミイラのある祠には入ることができず、地元の警官でみさきの幼馴染である合田武彦が現れる。
実は神社の神主が「烏天狗がミイラを取り返しにくる」と語り、祠をコンクリートで固めてしまったのだ。
しかも神主は2週間前に祠で白骨死体として見つかっていた。
みさきは事件を調査してもらうために湯川を神社に連れて来たのだった。
するとそこに、一人のずぶ濡れになった若い女性・小島結衣が現れる。
彼女はみさきと合田の幼馴染で、神社に着く前、急なにわか雨に降られた湯川に傘を貸した女性だった。


最近、再放送されている「ガリレオ」を録画して観ています。

ファーストシリーズはほぼ全部、放送当時も観ていたのですが、セカンドシリーズは観ていないのか、記憶にないお話が続きます。

で、先日観た「偽装う」って覚えていないお話なのですが

終わった時

「えっ!何?この終わり方!」

ってびっくりしました。

何がって

ガリレオが事件を解決しないまま物語が終わったのです。

正確には

一番先に提示された謎はほったらかしで、中盤に起こった殺人事件だけを解決して終了。

次回にも続きません。

私が見逃しもしくは聞き逃していたのかと思い、再度早送りで鑑賞しましたが間違いはありませんでした。

神主の白骨死体も金髪の少年も、カラス天狗のミイラが複製だったからガリレオには関係なし?

事件解決を望んでいたはずのゼミ生は早々に帰っていいの?

何かトンチンカンなお話です。

で、調べたら前半の天狗のミイラうんたらは原作にはないお話(中盤からの殺人事件は原作通りらしいです)。

おまけにTV放送のこの回は15分拡大だそうです。

という事は

拡大した分に余計な事件をねじ込んで、そこがまるまる意味不明のままで終わっているのです。

これって・・・・何かの伏線と考えていたが、実現できなかったって事でしょうかね。

だって、もしこれでおしまいだとしたら

プロの脚本家&演出家のお仕事としたらお粗末過ぎやしませんかね。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク